フォローする

【HIT PriFlex Giant−150L(Ethernet)】の接続方法

レシートプリンター HIT PriFlex Giant−150Lを、
Ethernet接続でお使い頂く場合のIPアドレスの設定方法について案内します。
HIT_PriFlex_Giant-150L_02______01.jpg

配線

  1. プリンター本体裏面にあるケーブルの挿し口を確認します。
    それぞれの挿し口の種類は画像の数字を確認してください。
    ① 電源ケーブル
    ② モジュラーケーブル(ドロアとの接続)
    ③ LANケーブル(ルーターとの接続)
    ※『②』はドロアと接続する場合のみ使用します
    HIT_PriFlex_Giant-150L_04______0_ET_02_____.jpg
  2. 以下がドロア用のモジュラーケーブル以外を配線した状態です。
    HIT_PriFlex_Giant-150L_04______0_ET_03.jpg
  3. 機器底面にあるフタを開けると、詳細設定用のディップスイッチがあります。
    プリンターからレシートが出力された際に音が鳴るか鳴らないかの設定ができます。
    『2』をオンにすると音が鳴り、オフにすると音が鳴りません。
    HIT_PriFlex_Giant-150L_09______________________.jpg

    ワンポイントアドバイス

    ブザー音をミュージックにしたり、鳴らす回数を変更することができます。
    プリンター管理画面から変更や設定が可能です。
    ※ブザーのまま、1回だけでご利用いただくことをお勧めいたします

IPアドレスの設定

 
※最初に、プリンターからIPアドレスを確認するための用紙を出力します。
プリンターの電源オフ→Feedボタンを長押ししながら電源オンにすると、IPアドレスが印字された用紙が出力されます。確認したアドレスは手順3・手順4で使用します。
HIT_PriFlex_Giant-150L_05_______02_____.jpg

  1. レジ端末(iPad、iPhone等)の『設定』を開き、『Wi-Fi』から現在接続されているWi-Fiの『i』のアイコンをタップします。
  2. Wi-Fiの情報が表示されます。
    表示されている『IPアドレス』『サブネットマスク』『ルーター』をメモなどに控えます。
  3. Wi-Fi情報の『静的』をタップします。
    IPアドレスにプリンターから出力したIPアドレスを入力します。
    その際に、最後の3つ目のカンマ以降を『200~220』の間の数値で入力します。
    サブネットマスクには『255.255.255.0』と入力をします。
  4. この状態で一度設定のアプリを閉じて『safari』を開きます。
    safariでプリンターから出力したIPアドレスの数値を入力して検索をします。
  5. パスワードを入力する画面が表示されます。
    パスワードは【 0821 】を入力しログインします。
    _____1.png
  6. HIT PriFlex Giant−150LのIPアドレスを設定する画面が表示されますので、
    「TCP/IP Setting」をクリックします。
    _____2.png
  7. プリンターのIP Addressを入力できる画面が表示されます。
    「IP Address」の項目に新しく設定していただくIP Addressを入力します。 以下の画像の中にあるIP Addressの場合、値を変えていただく箇所は最後のカンマのあとになります。(赤枠) 入力していただける値は【200~230】を推奨しております。(周辺機器のIPと被らないようにする為です) 入力ができましら、『Network Confing』をタップします。
    ※「PORT」の項目に入っている値は変更しないようお願いします。
    _____3.png
  8. 以下の画面が表示されれば、IP Addressの設定は完了です。
    『TCP/IP Setting』をクリックします。
    IMG_0096.PNG
  9. プリンターからIPアドレスが印字されたレシートを出力します。
    プリンターの電源オフ>Feedボタンを長押ししながら電源オンにすると、
    IPアドレスが印字されたレシートが出力されます。新しく設定されたIP Addressが印字されHIT PriFlex Giant−150Lの設定完了となります。


    ワンポイントアドバイス

    【キッチンブザーの設定について】
    IPアドレスを設定する画面の別ページから、キッチンブザーの設定が行えます。
    HIT-PriFlex-Giant_150L_________10______.jpg

    ※『ベル / 1回』の設定をお勧めします

スマレジ・アプリの設定

  1. スマレジ・アプリの『設定』を開きます。
  2. 『プリンター設定』のページを開きます。
    『プリンターを使用する』をオンにし、『使用プリンタ』をタップします。
  3. プリンターを選択する画面が表示されます。
    Ethernet欄の『HIT PriFlex Giant−150L(Ethernet)』を選択します。
    HIT_PriFlex_Giant-150L_07_________ET_______1_.jpg
  4. 上記の接続、設定を行うことで、スマレジでHIT PriFlex Giant−150L(Ethernet)を利用することができます。

スマレジ管理画面の設定

  1. スマレジ管理画面から、レジ端末に設定するIPアドレスの設定をします。
    スマレジ管理画面の『設定(歯車のアイコン)』 >『レジ設定』> 『レジ端末一覧』をクリックします。
    ______IP____01______01_TOP_____.jpg
  2. 登録端末が一覧で表示されるので、IPアドレスの設定を行う端末を選択します。
    ______IP____01______02__________.jpg
  3. 詳細設定画面の『プリンタ』欄に、プリンターのIPアドレスを入力します。
    ※IPアドレスはプリンターのセルフ印字で確認できます。
    入力完了後、画面下部の『更新』をクリックします。
    ______IP____01______03______ALL_____.jpg

ブザーの切替設定

    1. ブザー音の種類や、ブザー音が鳴る回数をパソコン上から設定することができます。
      ※WindowsPCでのみ設定可能です。
      こちらのHIT株式会社ホームページより
      ①【PriFlex GIANT シリーズ Windows Printer Driver Installer v1.02】と
      ②【GIANT TOOL】をダウンロードします。
      HIT-PriFlex-Giant_150L_______08.jpg
       
      HIT-PriFlex-Giant_150L_______09.jpg
    2. Printer Driver Installerをパソコンにインストール後、ダウンロードしたGIANT TOOLを
      開き、 『Port Setup』を開きます。
      HIT_PriFlex_Giant_150L_______01.jpg
    3. プリンター情報を各項目に入力し、『OK』をクリックします。
      詳しい内容については画像下の『項目内容一覧』をご覧ください。
      HIT_PriFlex_Giant_150L_______02.jpg

      項目内容一覧

      項目 内容(画像の例をを用いて値を記載しております)
      Device ご利用中のプリンター『GIANT-150』を選択します。
      I/F ご利用中のプリンターがLAN接続の場合は『ETHERNET』
      Bluetooth接続の場合は『Bluetooth』を選択します。
      IP Address プリンターの電源をオフにし、FEEDボタン(紙送りボタン)を長押ししながら電源をオンにした際に 出力されるレシートの印字されたIP Addressを入力します。
      Port IP Addressと同様に、紙送りボタンを押しながら電源をオンにした際に出力される数値を入力します。
    4. 次に、『User Setup』を選択します。
      HIT_PriFlex_Giant_150L_______01.jpg
    5. 画面上部のタブ『Peripheral』を選択し、『Get Value』をクリックします
      HIT_PriFlex_Giant_150L_______04.jpg
    6. 『Kitchen bell』の項目を『Board Buzzer』に変更し、『Type&Times』からブザー音と
      ブザーが鳴る回数を変更できます。
      ブザー音のタイプは全部で6種類あり、ブザー音が鳴る回数は最大5回まで選択可能です。
      HIT_PriFlex_Giant_150L_______05.jpg
      HIT_PriFlex_Giant_150L_______06.jpg
    7. 設定が完了後、『Set Value』をクリックして完了です。
      HIT_PriFlex_Giant_150L_______07.jpg

注意してください

・PriFlex Giant−150Lのご利用可能なレシート幅は80mmとなっております。

・プリンターの設定・登録を行ったあとは、必ずスマレジ・アプリのデータ同期(店舗)を行ってください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください