スマレジ・ペイメントの旧端末使用期間延長のお知らせ
詳しくはこちらをご確認ください
フォローする

HIT PriFlex Giant−150をLANケーブル接続で利用する(Ethernet接続 / IPアドレスの割り当て)

レシートプリンター HIT PriFlex Giant−150Lを、
Ethernet接続でお使い頂く場合のIPアドレスの設定方法について案内します。

接続前に型番をご確認ください

PriFlex Giant-150Lは『Ethernet(LAN)接続タイプ』
PriFlex Giant-150Bは『Bluetooth接続タイプ』になります。

※Bluetoothの接続方法はこちらをご覧ください
HIT_PriFlex_Giant-150L_02______01.jpg

配線

  1. プリンター本体裏面にあるケーブルの挿し口を確認します。
    それぞれの挿し口の種類は画像の数字を確認してください。
    ① 電源ケーブル
    ② モジュラーケーブル(ドロアとの接続)
    ③ LANケーブル(ルーターとの接続)
    ※『②』はドロアと接続する場合のみ使用します
    HIT_PriFlex_Giant-150L_04______0_ET_02_____.jpg
  2. 以下がドロア用のモジュラーケーブル以外を配線した状態です。
    HIT_PriFlex_Giant-150L_04______0_ET_03.jpg
  3. 機器底面にあるフタを開けると、詳細設定用のディップスイッチがあります。
    プリンターからレシートが出力された際に音が鳴るか鳴らないかの設定ができます。
    『2』をONにすると音が鳴り、OFFにすると音が鳴りません。
    ※ディップスイッチの変更は電源OFFの状態で行なってください
    ※電源ONの状態で変更してしまった場合、電源の入れ直し後に反映されます
    HIT_PriFlex_Giant-150L_09______________________.jpg

    ワンポイントアドバイス

    ブザー音をミュージックにしたり、鳴らす回数を変更することができます。
    プリンター管理画面から変更や設定が可能です。
    ※ブザーのまま、1回だけでご利用いただくことをお勧めいたします

IPアドレスの設定

 

設定前に確認してください

プリンターの新しいIPアドレスを設定する前に、現在設定されているIPアドレスを確認しておく必要があります。
以下の手順に従って、現在のIPアドレスが印字されたレシートを出力してください。

1. プリンターの電源をOFFにします。
2. Feedボタンを押しながら電源をONにします。
(この際、レシートが印刷されるまでFeedボタンは押したままにしてください)
3. 長いレシートが印刷されたらFeedボタンを離し、最後にもう一度Feedボタンを押します。
4. 短いレシートが印刷されたら完了です。
IPアドレスは長いレシートに印字されています
確認したIPアドレスは「IPアドレスの設定」の手順3・手順4で利用します

  1. 『iOSホーム画面 設定アイコン > iOSの設定画面 > Wi-Fi』と選択し、Wi-Fi設定の画面を表示します。
    現在設定中のWi-Fi(【Wi-Fi】ボタンの直下に表示された、チェックのついたネットワーク名)欄の右端、青いアイコンをタップします
    1.png
  2. 『【IPv4アドレス】項目 > 【IPを構成】欄』をタップし、IPv4の詳細設定画面を表示します。
    2.png
  3. 【IPv4を構成】の設定ページが表示されるので、『手動』を選択します。
    画面中頃の【手入力のIP】項目に必要な情報を入力します。
    入力が完了したら『保存』をタップします。
    3.png

    項目 説明
    IPアドレス ご利用の端末に割り当てるネットワークアドレスを入力します。
    4つに区切られた数値の、右端だけが『ルーター』アドレスと差異があるようにします。
    例:192.168.192.200(他に端末がある場合、同じ数値には設定出来ません)
    サブネットマスク 『255.255.255.0』と入力します。
    ルーター ローカルネットワークの基準値を入力します。
    『デフォルトゲートウェイ』と同様の数値です。
    例:192.168.192.1(右端の数値は必ず”1”です)
  4. この状態で一度設定のアプリを閉じて『safari』を開きます。
    safariでプリンターから出力したIPアドレスの数値を入力して検索をします。
  5. パスワードを入力する画面が表示されます。
    パスワードは【 0821 】を入力しログインします。
    _____1.png
  6. HIT PriFlex Giant−150LのIPアドレスを設定する画面が表示されますので、
    『TCP/IP Setting』をクリックします。
    _____2.png
  7. プリンターのIPアドレスを入力できる画面が表示されます。
    『Printer IP』の項目に新しく設定していただくIPアドレスを入力します。
    以下の画像の中にあるIPアドレスの場合、値を変えていただく箇所は最後のカンマのあとになります。(赤枠) 入力していただける値は【200~230】を推奨しております。(周辺機器のIPと被らないようにする為です) 入力ができましら、『Network Confing』をタップします。
    ※『PORT』の項目に入っている値は変更しないようお願いします
    _____3.png
  8. 以下の画面が表示されれば、プリンターへIPアドレスが設定されます。
    『TCP/IP Setting』をクリックします。
    IMG_0096.PNG
  9. プリンターからIPアドレスが印字されたレシートを出力します。
    プリンターの電源OFFし、Feedボタンを長押ししながら電源ONにすると、
    IPアドレスが印字されたレシートが出力されます。
    新しく設定されたIPアドレスが印字されHIT PriFlex Giant-150Lの設定完了となります。


    ワンポイントアドバイス

    【キッチンブザーの設定について】
    IPアドレスを設定する画面の別ページから、キッチンブザーの設定が行なえます。
    HIT-PriFlex-Giant_150L_________10______.jpg

    ※『ベル / 1回』の設定をお勧めします
  10. レジ端末のWi-Fiの設定を元に戻します。
    『【IPv4アドレス】項目 > 【IPを構成】欄』をタップし、IPv4の詳細設定画面を表示します。
    4.png
  11. 【IPv4を構成】の設定ページが表示されるので、『自動』を選択した状態で『保存』をタップします。
    以上で、設定完了です。
    5.png

設定完了後はWi-Fiの設定を必ず自動に戻してください

Wi-FiのIPV4アドレスの『IPを構成』を手動に切り替えると、一時的にインターネット接続が遮断されます。
インターネット接続を正常にするために、IPアドレスの設定完了後は必ず『IPを構成』を自動に戻してください。

スマレジ・アプリの設定

  1. スマレジ・アプリで『設定 > プリンター設定 > 使用プリンタ』と進み、
    使用プリンタの設定画面を開きます。
    image01.png
  2. プリンターの選択画面が表示されるので、
    Ethernet欄の『HIT PriFlex Giant-150L(Ethernet)』を選択します。
    image02.png
  3. 上記の接続、設定を行なうことで、
    スマレジでHIT PriFlex Giant-150L(Ethernet)を利用することができます。

スマレジ管理画面の設定

  1. スマレジ管理画面から、レジ端末に設定するIPアドレスの設定をします。
    スマレジ管理画面の『設定 > レジ設定 > レジ端末一覧』をクリックします。
    ______IP____01______01_TOP_____.jpg
  2. 登録端末が一覧で表示されるので、IPアドレスの設定を行なう端末を選択します。
    ______IP____01______02__________.jpg
  3. 詳細設定画面の『プリンタ』欄に、プリンターのIPアドレスを入力します。
    ※IPアドレスはプリンターのセルフ印字で確認できます。
    入力完了後、画面下部の【更新】をクリックします
    ______IP____01______03______ALL_____.jpg

ブザーの切替設定(ユーティリティツールを使用)

プリンター管理画面からの設定が可能です。その場合はこちらをご参照ください。
 
  1. ブザー音の種類や、ブザー音が鳴る回数をパソコン上から設定することができます。
    ※WindowsPCでのみ設定可能です
    こちらのHIT株式会社ホームページより
    ①【PriFlex GIANT シリーズ Windows Printer Driver Installer v1.02】と
    ②【GIANT TOOL】をダウンロードします。
    HIT-PriFlex-Giant_150L_________08__1_.jpg
     
    HIT-PriFlex-Giant_150L_________09__1_.jpg
  2. Printer Driver Installerをパソコンにインストール後、
    ダウンロードしたGIANT TOOLを開き、 『Port Setup』を開きます。
    HIT_PriFlex_Giant_150L_________01.jpg
  3. プリンター情報を各項目に入力し、『OK』をクリックします。
    詳しい内容については画像下の『項目内容一覧』をご覧ください。
    HIT_PriFlex_Giant_150L_________02.jpg

    項目内容一覧

    項目 内容(画像の例をを用いて値を記載しております)
    Device ご利用中のプリンター『GIANT-150』を選択します。
    I/F ご利用中のプリンターがLAN接続の場合は『ETHERNET』
    Bluetooth接続の場合は『Bluetooth』を選択します。
    IP Address プリンターの電源をOFFにし、FEEDボタン(紙送りボタン)を長押ししながら電源をONにした際に
    出力されるレシートの印字されたIPアドレスを入力します。
    Port IPアドレスと同様に、紙送りボタンを押しながら電源をONにした際に出力される数値を入力します。
  4. 次に、『User Setup』を選択します。
    HIT_PriFlex_Giant_150L_________01__1_.jpg
  5. 画面上部のタブ『Peripheral』を選択し、『Get Value』をクリックします
    HIT_PriFlex_Giant_150L_________04.jpg
  6. 『Kitchen bell』の項目を『Board Buzzer』に変更し、
    『Type&Times』からブザー音とブザーが鳴る回数を変更できます。
    ブザー音のタイプは全部で6種類あり、ブザー音が鳴る回数は最大5回まで選択可能です。
    HIT_PriFlex_Giant_150L_________05.jpg
    HIT_PriFlex_Giant_150L_________06.jpg
  7. 設定が完了後、『Set Value』をクリックして完了です。
    HIT_PriFlex_Giant_150L_________07.jpg

注意してください

・PriFlex Giant-150Lのご利用可能なレシート幅は80mmとなっております。
・プリンターの設定・登録を行なった後は、必ずスマレジ・アプリのデータ同期(店舗)を行なってください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ