フォローする

NON-PLU機能

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアム
    プラス
  • フード
    ビジネス
  • リテール
    ビジネス

NON-PLUに対応したことにより、同じ商品でも商品単体ごとに価格が異なる場合に、 登録されている商品の価格ではなくバーコードに表記されている価格情報を読み取ることで、価格を固定せずに販売することができます。

設定方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. スマレジ・アプリで設定を開きます

    スマレジ・アプリの下部メニューから『設定』をタップします。

  2. 『NON-PLUバーコード』をONにします

    『販売設定』をタップします。

    『NON-PLUバーコード』をONにします。

    『NON-PLUバーコード設定』をタップし、設定を開きます。

  3. NON-PLUバーコードの設定を行ないます

    NON-PLUバーコードの設定を行います。

    開始位置
    バーコードの何桁目からスタートする値なのかを入力します。

    長さ
    項目内容の値が何桁なのかを入力します。

    設定項目の詳細は、画像下の項目一覧をご覧ください

    設定項目一覧

    non-plu-code.png
    項目 内容(画像の例を用いて値を記載しております)
    NON-PLUフラグ バーコードの頭2文字が『02』である場合は、
    【開始位置】=0
    【長さ】=2
    【フラグ】=02
    と入力します。
    フラグを0始まりにする場合、バーコードリーダーでも先頭の0を読む設定が必要です
    設定については各バーコードリーダーのページでご確認ください
    コード スマレジに登録されている商品コードを表します。
    バーコードの2文字目の次が5桁(商品コード)の場合は、
    【開始位置】=2
    【長さ】=5
    と入力します。
    価格チェックデジット 価格チェックデジットがバーコードにある場合は、開始位置が何桁目であるか、長さが何桁あるかを指定します。 
    【開始位置】=7
    【長さ】=1
    と入力します。
    価格 バーコードを読み取った際の価格を表します。
    バーコードの8文字目の次が4桁(価格)の場合は、
    【開始位置】=8
    【長さ】=4
    と入力します。
    上記画像の場合、980円の商品として会計されます。
    チェックデジット バーコードが正しく読み取られているかを確認する値です。
    指定されている値と異なる情報が読み取られた場合はエラーが発生し、 誤った商品情報がカートインされるのを防ぎます。
    使用されるNON-PLUバーコードにチェックデジットが組み込まれている場合は、開始位置が何桁目であるか、長さが何桁であるかを指定します。
    【開始位置】=12
    【長さ】=1
    と入力します。

アプリでの操作イメージ



注意してください

NON-PLU設定後は、実際に販売を行なう前に、必ずバーコードが正しく読み取りができているかを確認をしてください。
正しくバーコードが読み取れなかった際に、その場で価格入力ができるよう、商品はオープン価格で設定しておくことを推奨します。

オープン価格で金額を入力する時は、商品一覧から該当の商品を選択、もしくは商品コードを入力する必要があります。
商品選択の際、金額を入力する画面が表示します。

オープン価格の設定方法についてはこちらをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
10人中3人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ