フォローする

【ウェイター連携】スマレジからテーブルを選択してお会計を行なう(Waiterテーブルビュー)

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス
スマレジ・アプリのウェイター連携機能を使用すると、
お会計時に『Waiterテーブルビュー』という機能が利用できます。
ハンディ端末から会計処理をしなくても、スマレジ・アプリ上でウェイター・アプリの
テーブル一覧を表示し、該当テーブルを選択してお会計に進むことができます。
このページでは『Waiterテーブルビュー』をスマレジ・アプリへ設定し、
お会計を行なうまでを説明します。

『Waiterテーブルビュー』を設定してお会計を行なう

スマレジ・アプリの設定

  1. スマレジ・アプリの下部メニューから『設定』を開きます。
    image01.png
  2. アプリの設定画面が表示されるので、
    『その他』のウェイターの項目で『Waiter連携を使用する』をONにします。
    image02.png
  3. 『Waiter連携設定』をタップし、『Waiterテーブルビューを使用する』をON、
    『取引連携時確認メッセージを表示する』をONにします。
    image03.png

    『取引連携時確認メッセージを表示する』のON/OFFについて

    『取引連携時確認メッセージを表示する』をONにすると、
    ハンディ端末のままでスマレジ・アプリを開くように連携したときに
    ウェイターの取引をスマレジ・アプリで開く前に、確認メッセージを表示されます。

    ※ここでいう連携は『Waiterテーブルビュー』ではなくこちらの連携になります
  4. 販売業務画面へのボタン表示などを設定します。
    『オプション設定』の『販売オプションメニュー設定』と『販売オプションボタン設定』の
    2つの項目で『Waiterテーブルビュー』をONに設定します。
    image04.png

    ワンポイントアドバイス

    ウェイターからのお会計を行うレジとして利用するため、上記の画像では
    ・仮販売一覧
    ・領収証発行
    ・ドロアを開く
    ・Waiterテーブルビュー
    をボタン表示する設定としています。
  5. 販売画面に『Waiterテーブルビュー』のボタンが表示されました。
    image05.png
  6. 販売オプションにも『Waiterテーブルビュー』のボタンが表示されています。
    image06.png


    これで『Waiterテーブルビュー』の設定は完了です。


『Waiterテーブルビュー』を使用したお会計

  1. ハンディ端末で注文を受けました。
    image11.png
  2. スマレジ・アプリで『Waiterテーブルビュー』機能を選択します。(上記で設定のボタン)
    ウェイター・アプリのテーブル一覧と同様の画面が表示されるので、
    お会計を行なうテーブルを選択します。
    image08.png
  3. 確認の画面が表示されるので、『はい』と選択します。
    image09.png
  4. 販売業務画面へ商品が登録されます。
    商品内容や合計金額に間違いがないことを確認のうえ、お会計を完了させます。
    image10.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください