フォローする

【ウェイター連携】スマレジからテーブルを選択してお会計を行う(Waiterテーブルビュー:設定&操作編)

_____________06.jpg
スマレジ・アプリのウェイター連携機能を使用すると、お会計時に『Waiterテーブルビュー』という機能が利用できます。
ハンディ端末から会計処理をしなくても、スマレジ上にウェイターアプリのテーブル一覧を表示し、該当テーブルを選択してお会計に進むことができます。

このページでは『Waiterテーブルビュー』をスマレジ・アプリへ設定し、お会計を行うまでを説明します。

設定前の準備については『準備編』をご参照ください。
Waiterテーブルビュー:準備編

注意してください

スマレジ・アプリで『Waiterテーブルビュー』の設定を行うためには、同端末上にスマレジ・アプリとウェイター・アプリがインストールされている必要があります。
その際、ウェイター・アプリへのログインなどは不要で、設定後は削除していただいても問題ありません。

『Waiterテーブルビュー』を設定してお会計を行う

スマレジ・アプリの設定

  1. スマレジ・アプリのアプリメニュー(画面左上の青い四角に白い三本線アイコン)から【設定】を選択します。
    _waiter_____________02______01_________-_-________.jpg
  2. アプリの設定画面が表示されるので、
    『その他 > ウェイター > 「Waiter連携を使用する」をON > 「Waiter連携設定」欄の右端の矢印付近をタップ > 「Waiterテーブルビューを使用する」をON』
    と進み、各設定を行います。
    _waiter_____________02______02_waiter___________.jpg
  3. 販売業務画面へのボタン表示などを設定します。
    『オプション設定 > 販売オプション設定 > 「Waiterテーブルビュー」をON』と設定します。
    『オプション設定 > 販売オプションボタン設定 > 「Waiterテーブルビュー」をON』と設定します。
    _waiter_____________02______03_waiter____________________.jpg

    ワンポイントアドバイス

    ウェイターからのお会計を行うレジとして利用するため、上記の画像では
    ・仮販売一覧
    ・領収証発行
    ・ドロアを開く
    ・Waiterテーブルビュー
    をボタン表示する設定としています。
    ※背景が薄赤色の項目です。
  4. 販売画面に『Waiterテーブルビュー』のボタンが表示されました。
    _waiter_____________02______04_____________________.jpg
  5. 販売オプションにも『Waiterテーブルビュー』のボタンが表示されています。
    _waiter_____________02______05_______________________.jpg


    これで『Waiterテーブルビュー』の設定は完了です。

『Waiterテーブルビュー』を使用したお会計

  1. ハンディ端末で注文を受けました。
    _waiter_____________02______06_waiter__________________.jpg
  2. スマレジ・アプリで『Waiterテーブルビュー』機能を選択します。(上記で設定したボタンです)
    ウェイター・アプリのテーブル一覧と同様の画面が表示されるので、お会計を行うテーブルを選択します。
    _waiter_____________02______08____________________.jpg
  3. 確認の画面が表示されるので、『はい』と選択します。
    _waiter_____________02______09____________________.jpg
  4. 販売業務画面へ商品が登録されます。
    商品内容や合計金額に間違いがないことを確認のうえ、お会計を完了させます。
    _waiter_____________02______10___________.jpg

ワンポイントアドバイス

設定前の準備については『準備編』をご参照ください。
Waiterテーブルビュー:準備編
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください