フォローする

棚卸を行なう(リテールビジネスプラン以外の方向け)

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

『データ収集』機能の活用方法

『データ収集』は、端末の商品情報をCSVファイルにしてメール送信する機能です。
リテールビジネスプラン以外のお客様でも、棚卸や入出荷管理に活用する事ができます。

商品情報は『商品リストからの選択』、『商品コード入力』、『バーコードスキャン』
で登録する事が可能です。

操作手順

  1. スマレジ・アプリ下部、メニュータブバーの『設定』をタップし、
    『メニュー設定』をタップしてください。
    その後、『データ収集』がONになっている事を確認してください。
    data1.png メニュータブバーの表示についてはアプリメニュー表示と設定についてをご参照ください
  2. スマレジ・アプリ下部、メニュータブバーから【データ収集】をタップしてください。
    data2.png
  3. データ収集画面が開きます。
    商品バーコードをスキャンする、もしくは右下の【+】をタップし、
    【商品コード入力】もしくは【商品リスト選択】ボタンから商品を入力してください。
    data3.png
    商品入力後、点数の部分をタップすると、点数を直接入力できます。
    data4.png

    商品の選択方法について

    商品コード入力
    登録した商品コードを入力し、【OK】を押すと商品が登録されます。
    未登録のコードを入力すると、『未登録商品』として登録されます。
    商品リスト選択
    商品の一覧が表示され、『部門』から『商品』を選ぶことで商品が登録されます。
  4. 入力が完了したら、右上の【送信】アイコンをタップして、
    【CSVメール送信】もしくは【保存】をタップしてください。
    data5.png

    データ収集の【保存】について

    【保存】は操作中の状態を一時的にキープする機能です。
    管理画面やアプリ内にファイルとして保存される機能ではありません
    【保存】を行なっていないと、アプリの強制終了などの際、処理中の状態がクリアされてしまうため、適宜ご利用いただくことをおすすめします

    ワンポイントアドバイス

    CSVデータは、
    code:商品コード(JAN)
    quantity:数量
    の2つの項目で作成されます。

    例えば、スマレジの『在庫調整』機能を利用する場合は、このCSVデータに店舗IDを追加するだけで、CSVで在庫数のアップロードをすることが可能です。
    在庫管理や受発注のシステムが外部にある場合は、CSVデータを使って簡単に情報を取り込むことができます。

    お客様の運用方法に合わせて、ぜひご活用ください。
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください