フォローする

PAYGATE POSをインボイス制度に対応させる

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアム
    プラス
  • フード
    ビジネス
  • リテール
    ビジネス
invoice_PGPOS_01.jpg

2023年10月1日から、インボイス制度が導入されました。
それに伴い、レジで発行されるレシートも適格簡易請求書(簡易インボイス)対応が必要になります。

このページではPAYGATE POSでのインボイス制度への対応についてご案内します。

インボイス制度とは

2023年10月1日から、消費税の仕入税額控除の方式としてインボイス制度が開始されました。
正確な適用税率や消費税額を把握するため、適格請求書(インボイス)の発行が必要になります。

適格請求書(インボイス)を発行できるのは、『適格請求書発行事業者』に限られ、事業者は『登録申請書』を提出する必要があります。
詳しくは国税庁のホームページをご確認ください。

PAYGATE POSでのインボイス対応

invoice_PGPOS_02.jpg

小売業、飲食店業などの場合、『適格請求書』の代わりにレシートを『適格簡易請求書』として交付します。
PAYGATE POSで発行するレシートは『適格簡易請求書』に対応しています。

適格請求書発行事業者の登録番号を登録する

スマレジ管理画面で『登録事業者番号』を登録することで、レシートに印字されます。
『登録事業者番号』は、適格請求書発行事業者の申請を行なった後、税務署から支給されます。
本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 店舗一覧画面を開きます

    invoice-image-05.png

    管理画面の左メニューから『店舗 > 店舗一覧』を選択します。

  2. 店舗を選択します

    invoice-image-06.png

    店舗一覧画面にて、設定を確認/変更する店舗名を選択します。

  3. 『登録事業者番号』を登録します

    invoice-image-07.png
    『登録事業者番号』を入力し、【更新】をクリックします。
    PAYGATE POSで一度ログアウトして再度ログインを行なった後、レシートに印字されるようになります
    スマレジ管理画面の『設定 > 基本設定』の『登録事業者番号』で登録した情報はPAYGATE POSには適用されません

    販売レシート/領収証に会社名を印字させる場合


    invoice-image-08.png

    レシートには登録事業者番号を申請した事業者名の記載が必要です。

    店舗名や会社名を設定する場合『レシート印字店舗名』に入力してください。
    店舗名を設定すると、管理画面やスマレジ・アプリの表示にも影響があるのでご注意ください
    レシートに印字する『適格請求書発行事業者の名称』に何が該当するかは所轄の税務署にてご確認ください

    【例】
    株式会社スマレジ スマレジ・ストア

    【設定箇所】
    『店舗 > 店舗一覧 > 該当店舗名を選択』

販売レシート(出力イメージ)

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます

invoice_PGPOS_03.png
項目 説明

適格請求書発行事業者の名称と登録番号
スマレジ管理画面の『登録事業者番号』での内容が表示されます。
登録方法はこちらをご確認ください。

登録事業者番号を申請した会社名で店舗名が異なる場合、社名の記載が必要です。
社名と店舗名が同じの場合は両方記載する必要はありません。

『登録事業者番号』は、適格請求書発行事業者の申請の後、税務署から支給されます
PAYGATE端末のフォントサイズよって、印字内容が見切れる場合があります。
PAYGATE端末の『設定 > ディスプレイ > フォントサイズ』を『中』にしてご利用ください
レシートに印字する『適格請求書発行事業者の名称』に何が該当するかは所轄の税務署にてご確認ください
取引年月日
取引した年月日が表示されます。

取引内容(軽減税率の対象品目である旨)
軽減税率の対象商品には※が表示されます。

軽減税率対象商品のみを販売した場合も、※が表示されます
税率ごとの対象金額と消費税額
税率ごとの対象金額が表示されます。
レイアウトはレシートサイズや設定によって異なります

領収証イメージ(出力イメージ)

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます

invoice_PGPOS_04.png
項目 説明

適格請求書発行事業者の名称と登録番号
スマレジ管理画面の『登録事業者番号』での内容が表示されます。
登録方法はこちらをご確認ください。

登録事業者番号を申請した会社名で店舗名が異なる場合、社名の記載が必要です。
社名と店舗名が同じの場合は両方記載する必要はありません。

『登録事業者番号』は、適格請求書発行事業者の申請後、税務署から支給されます
PAYGATE端末のフォントサイズよって、印字内容が見切れる場合があります。
PAYGATE端末の『設定 > ディスプレイ > フォントサイズ』を『中』にしてご利用ください
取引年月日
取引した年月日が表示されます。
税率ごとの対象金額と消費税額
税率ごとの対象金額が表示されます。
レイアウトは領収書のサイズや設定によって異なります
項目 説明

適格請求書発行事業者の名称と登録番号
スマレジ管理画面の『登録事業者番号』での内容が表示されます。
登録方法はこちらをご確認ください。

登録事業者番号を申請した会社名で店舗名が異なる場合、社名の記載が必要です。
社名と店舗名が同じの場合は両方記載する必要はありません。

『登録事業者番号』は、適格請求書発行事業者の申請後、税務署から支給されます
PAYGATE端末のフォントサイズよって、印字内容が見切れる場合があります。
PAYGATE端末の『設定 > ディスプレイ > フォントサイズ』を『中』にしてご利用ください
取引年月日
取引した年月日が表示されます。
税率ごとの対象金額と消費税額
税率ごとの対象金額が表示されます。
レイアウトは領収書のサイズや設定によって異なります

PAYGATE POSの領収証には商品名が印字されません

商品名が記載されていない場合、インボイス制度の要件である『取引内容』の記載を満たすことができません。
インボイス制度に対応するには、手書きで商品名を記載いただく必要があります
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ