フォローする

【その他支払】商品券・電子マネー・売掛等のお支払

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス
スマレジでは、現金やクレジットカード以外にも様々な支払い方法で販売を行うことができます。
あらかじめスマレジに支払い方法を登録しておくことで電子マネー、交通系ICカード、商品券他、お客様が希望される全ての支払い方法に対応することができます。
(実際に電子マネー決済、交通系ICカード決済を行うためには、別途サービス提供会社との契約が必要なものがあります。)

このページでは、支払種別の登録方法と販売時の操作方法を案内します。
 

登録方法

  1. スマレジの管理画面から、「設定」>「販売設定」>「支払方法」を開き、支払方法管理画面を開きます。
  2. 支払方法管理画面で「新規支払方法登録」をクリックし、支払方法の登録画面を開きます。
  3. 支払方法の情報を入力して支払方法を登録します。
    各情報を入力して、画面下の「登録」ボタンをクリックすると支払方法が登録されます。
    登録が可能な項目は、画像下の表をご覧ください。

登録できる項目

項目 内容
支払方法ID 支払方法を管理する番号です。
スマレジが自動で採番します。
支払方法分類 支払方法のカテゴリーです。
例えば、suicaやPASUMOといった支払方法に交通系ICカードという分類を設定することで、精算レシート等に交通系ICカードという分類にまとめて金額を表示することができます。
※この項目はVer.2.7.0以降で表示されます。
支払方法名 支払方法の略称です。
釣銭有無 釣銭が発生しない支払方法の場合、釣銭なしにチェックを入れてください。
有価証券取扱 有価証券を選択すると、領収書発行時の収入印紙有無の計算対象になります。
商品券や各種プリペイドカード等が該当します。
詳しくは国税庁の有価証券の範囲をご確認ください。
表示順 端末に表示する順番です。
一番上に表示する場合は「1」と入力してください。
端末表示 レジに表示するかしないか選んでください。
取扱店舗の設定 支払方法を使用する店舗にチェックを入れてください。
 
 

操作手順

    1. スマレジ・アプリの販売業務画面で、「その他支払い」をタップして、その他支払い画面を開きます。
    2. その他支払い画面で、今回使用したい支払い方法にチェックを入れ、お預かりした金額を入力します。
      計算機ウィンドウのエンターキー(リターンキー)をタップして、販売業務画面に戻ります。
    3. 販売業務画面の「預り金」の欄に、入力したその他支払いの情報が表示されます。
      入力した内容に問題がなければ、このまま販売を行ってください。

ワンポイントアドバイス

スマレジでは、ご利用される支払い方法をあらかじめ登録しておくことで、あらゆる支払方法に対応することができます。

nanaco、WAON、edy、QUICPay、iDなど全ての電子マネー、
Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、ICOCA、PiTaPa、SUGOCAなど全ての交通系ICカード、
JCBギフトカードをはじめとする共通ギフトカード、
ビール券/おこめ券/ジェフグルメカードなどの紙幣型商品券、
QUOカード/図書カードなどのカード型ギフトカードなど全ての商品券他、
考えられる全ての支払い方法が利用対象となります。

お客様に満足していただける支払い方法を登録し、販売にご活用ください。

注意してください

電子マネー、交通系ICカード、一部商品券での販売に対応する為には、スマレジの支払い方法登録以外に、各提供会社との加盟店契約が必要な場合があります。

※電子マネー決済自体を行いたい場合は、それぞれの電子マネーの窓口へお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください