フォローする

免税店をはじめるには?

このページでは、免税店になる為に必要な条件や、免税店の申請方法等を案内します。

免税店の条件

免税店になる為には、国が定めたいくつかの条件をクリアし、申請をすることで免税店になることができます。

①『消費税の課税対象であり、申し込み時点で国税の滞納がない事業者が経営している』

②『非居住者の利用する場所、もしくは非居住者の利用が見込める場所である』

③『免税販売手続きに必要な人員の配置があり、かつ免税販売の手続きを行うための設備を有している』

以上の3つが必要な条件となります。

詳細については観光庁サイト(免税店になるには)にてご確認いただけます。


国への申請

国税庁に免税店の申請をして許可を得ることで、免税店として販売をすることができます。
申請の判断基準は、上記に記載している3つの条件が主になります。

まずは「輸出物品販売場許可申請書」と言われる申請書に記入をします。
申請用紙は国税庁のサイトからダウンロードできます。
輸出物品販売場許可申請書(一般型用)をダウンロード

次に、記入した「輸出物品販売場許可申請書」を納税地の所轄税務署に提出しましょう。

納税地の所轄税務署とは、会社が税を納めるべき税務署のことです。

例えば、本社が東京にあり、店舗を大阪に出店する場合、
申請をするのは大阪の税務署ではなく、東京の税務署になります。

申請が承認(許可)されると、
郵送した輸出物品販売場許可申請書の控が返送されてきます。

この返送をもって、免税店となります。

※特別な書類や許可書のようなものは届きません。

シンボルマークについて

シンボルマークとは、 免税店として承認された後に、 観光庁に申請するともらえる「免税店ですよ」という目印です。
旅行者はシンボルマークを見て「このお店は免税店なんだ」と判断します。
せっかく免税店になってもお客さんが分からなければもったいないです。
レジの周りやお店の入り口に貼って、免税店アピールをしましょう!

またシンボルマークは申請をして初めてもらえます。
免税店になったから自動でもらえるというものではなく、お店から観光庁に申請をする必要があります。

申請には下記3つの資料を提出する必要があります。
・免税店シンボルマーク使用申請書
・免税店一覧
・輸出物品販売場許可書の写し

申請用紙などは観光庁のサイトからダウンロード可能です。
申請はウェブページまたは郵便で行うことができます。

申請や用紙のダウンロードは以下のサイトから行えます。
免税店情報発信システム[免税事業者サイト]

※Web申請を行うにはアカウントの作成が必要です

シンボルマーク申請用紙の送付先、用途についての相談など、
詳細については観光庁サイト(免税店シンボルマーク)にてご確認いただけます。

ワンポイントアドバイス

スマレジでは通常の販売だけでなく免税販売にも対応しています。
スマレジでできる免税販売については以下のサイトをご覧ください。
スマレジの免税販売について

本ページで説明している内容は、下記サイトを参考にしております。
免税店を始めるにあたり、必要な情報が記載されておりますので、
是非ご参考ください。
国土交通省 観光庁 【さあ、免税店事業者になろう!

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください