フォローする

棚卸とは

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

棚卸とは店舗に商品の在庫数を数え、店舗が保持している個数、金額がどれだけあるかを計算、把握することです。
スマレジでは商品の在庫数を集計しています。データ上の在庫数・金額と比較を行い、その差異やロスのある商品を確認します。

具体例

スマレジはTシャツが「S:10枚、M:10枚、L:10枚」というデータを持っています。
スタッフはそれを見て、実際に店舗にあるTシャツの枚数を数えます。
棚卸した結果「S:10枚、M:10枚、L:9枚」というように、データ上の在庫数と店舗にある在庫数が一致しているかを確認します。

ワンポイントアドバイス

棚卸をすることで正確な在庫の管理や、販売の機会損失を減らすことにも繋がります。
「レジ情報では在庫があるのに、いざ販売しようとしたら在庫が無かった…」
「なぜか店舗の商品が少なかった…いつの間に無くなったの?」
「店舗にどれくらいの商品があるのか。正確な数量と金額がわからない。」
こんな事を防ぐために、定期的に棚卸を行いましょう。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください