フォローする

メニュー設定

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス
スマレジ・アプリのメニュー設定では任意の項目をON/OFFすることで、メニュー一覧に必要な内容の項目だけを表示させることができます。

設定方法

  1. スマレジ・アプリの設定メニューから設定>メニュー設定を選択すると、各項目をON/OFFする画面が表示されます。
  2. ONにしている項目は、メニュー一覧に表示されます。
  3. OFFにしている項目は、メニュー一覧の表示から省かれます。

    表示できるメニュー項目

    項目 内容
    販売業務 販売を始めとした、レジ操作を行う画面を表示します。
    実行できる販売業務内容は多岐に渡ります。

    販売業務画面で行う操作については、
    販売の操作一覧をご覧ください。
    仮販売 あらかじめ販売する商品の情報を登録し、時間差で販売する「仮販売」機能を使えるようになります。

    仮販売機能の内容については、
    【仮販売】販売する取引の内容をあらかじめ登録しておくをご覧ください。
    商品情報 商品情報の検索や、商品の追加ができるようになります。

    商品の追加方法については、
    【商品管理】商品登録をする内の、「スマレジ・アプリから商品を登録する」をご覧ください。
    会員情報 登録されている会員の情報を検索、閲覧することができます。
    会員情報の備考欄を編集して内容を追加することも可能です。
    OFFにしている場合でも販売業務画面で会員を検索表示することはできます。
    在庫管理 在庫数の管理を行うことができます。ただし利用されているプランによって対応できる内容は異なります。

    リテールブジネスプラン以外のプランでは、商品の在庫数を追加する「在庫入れ」のみ行うことができます。
    リテールビジネスプランでは、それ以外に「ロス管理」「入出荷」「入出庫」「棚卸」の操作を行うことができます。
    取引履歴 過去に行われた取引内容を検索、閲覧することができます。
    取引のキャンセルや、レシート、領収書を発行することが可能です。
    精算 点検レシートの印刷や、一日の売上の精算、締め処理業務を行うことができます。

    スマレジ・アプリで行う締め処理については、
    【締め処理】1日の売上を精算する(アプリ)をご覧ください。
    データ収集 商品情報を追加し収集できる画面が表示されます。
    追加方法は商品一覧からの追加、商品コード入力、バーコードスキャンで行うことが可能です。
    画面上に商品情報を集めたデータを、保存、もしくはCSVメール送信することができます。
    収集したデータは棚卸などに使用することができます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください