スマレジ・ペイメントの旧端末使用期間延長のお知らせ
詳しくはこちらをご確認ください
フォローする

弥生シリーズに取引データを送る

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

スマレジと弥生シリーズを連携し、スマレジの売上データを送信することで、弥生シリーズへの取り込みと自動仕訳が行なわれます。
店舗の売上データを別途入力する必要がないため、時間の短縮や負担を軽減することができます。
このページではスマレジの売上データを弥生シリーズへ送信する方法についてご案内します。

弥生シリーズとの連携設定

売上データの送信を行なうために、あらかじめ連携の設定を行なっておく必要があります。
連携の設定がまだお済みでない場合、以下のページをご参照のうえ、連携設定を完了してください。
弥生シリーズへのデータ送信は『手動での処理』のみ対応しています

弥生シリーズへ売上データを送信する

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 弥生シリーズの連携画面を開きます

    管理画面にて、『取引履歴 > 弥生シリーズと連携』を選択します。
  2. 弥生シリーズの画面が表示されます

    標準の状態では【締め日:今月 / 送信区分:未送信/送信失敗】で検索した内容が一覧になっています。
    抽出する期間は【締め日】の日付にて変更可能です。
  3. 【検索オプション】にて、更に詳細な条件で抽出が可能です

    検索オプションの項目について、以下の表をご覧ください。
    検索オプションの内容
    区分 項目 説明
    送信区分 未送信 送信を行なっていない取引です
    送信 送信済みの取引です
    送信失敗 送信の処理を行なったが、完了しなかった取引です
    差異区分
    ※前回送信したデータとの差異状態
    差異あり データ内容が同一でない取引です
    差異なし データ内容が同一の取引です
    すべて 差異の有無に関わらず表示します
  4. 弥生シリーズへ売上データを送信します

    一覧を最下部まで進むと【検索結果を弥生に送信する(*件)】という表示があります。
    (*件)は一覧の取引総数です。クリックする前に再確認を行なってください

    内容に問題がなければ【検索結果を弥生に送信する(*件)】をクリックします。
  5. 送信前の最終確認をします

    最終確認画面が表示されます。

    【取引データを送信する】をクリックすると、『取引データを送信します。よろしいですか?』と確認画面が表示されます。

    【OK】をクリックします。

    『データ送信中 このままお待ちください。』と表示されるので、完了までお待ちください。

    この処理は数分かかる場合があります

    送信済みデータを再送信した場合

    送信済みの取引データを再送信した場合、弥生側に多重登録されます。(上書き更新はされません)
    売上情報の内容が正しく表示されなくなりますので、送信済みデータが含まれないように十分な確認をお願いします。
  6. 完了すると送信結果が表示されます

    ここで『成功』は送信区分:送信に、『失敗』は送信区分:送信失敗の結果が付与されます。

    以上で弥生シリーズへのデータ送信は完了です。
  7. 弥生シリーズへのデータ反映を確認します

    データ送信先の弥生シリーズへログインします。
    送信したデータが反映されていることが確認できます。

送信した取引データのまとめ

スマレジから送信した取引情報は、弥生側で『締め日ごと』にまとめられます。
取引ごとの情報を確認する際は、スマレジの取引履歴からご確認ください。
この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ