スマレジ・ペイメントの旧端末使用期間延長のお知らせ
詳しくはこちらをご確認ください
フォローする

EPSON TM-m30をLANケーブル接続で利用する(Ethernet接続 / IPアドレスの割り当て)

レシートプリンター TM-m30をEthernet接続でお使い頂く場合、IPアドレスの設定方法について案内します。

TM-m30をBluetoothで接続する

TM-m30のBluetooth接続方法については、以下のページをご覧ください。
TM-m30のBluetooth接続方法

配線

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. プリンター本体の、レシートが排出される面の裏面にあるカバーを外します

  2. プリンターに各種ケーブルを接続します

    電源ケーブル

    ドロアと接続するケーブル(モジュラージャック)

    ドロアを利用する場合のみ使用

    LANケーブル

    モジュラージャックに挿すケーブルは?


    ドロアとプリンターを接続する際に使用します。

    Ethernet接続用ケーブルと形状が似ております、ご注意ください
  3. 接続後のイメージ画像です

    [手順1]で外したカバーをもとに戻して配線完了です。

IPアドレスの設定

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. プリンター本体の電源ボタンをONにします

    ONにすると電源ランプが点灯します。
  2. プリンターから画像のようなレシートが印字されます

    記載されている『IP Address』の値を控えてください。
  3. iPadのsafariを開き[手順2]で控えたIPアドレスを検索します

  4. プリンターの管理画面にログインします

    『接続はプライベートではありません』と表示されますので、『詳細を表示』をタップします。

    『このWebサイトを閲覧』をタップします。

    続けて『Webサイトを閲覧』をタップします。

    ユーザ名に『epson』、パスワードに『epson』または『製品のシリアルナンバー』を入力します。

    『ログイン』をタップします。


    シリアルナンバーはプリンター裏側のシール(製造銘板)で確認できます
  5. プリンターの管理画面が開きます

    左部のメニューから『TCP/IP』をタップします。
  6. IPアドレスの設定を行います

    『Acquiring the IP Address』をマニュアルにし、『IP Address』には[手順1]で印刷されたIPアドレスの最後の桁を『200~255』に書きかえた値を入力します。

    入力が完了したら【Send】をタップします。

  7. 完了の画面が表示されます

    【Reset】をタップしてIPアドレスの設定完了です。

スマレジ管理画面の設定

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. レジ端末に設定するIPアドレスの設定を行ないます

    『設定 > レジ設定 > レジ端末一覧』を選択します。
  2. 端末の一覧で表示されるので、IPアドレスの設定を行なう端末を選択します

  3. プリンターの情報を設定します

    詳細設定画面の『プリンタ』欄に、プリンターのIPアドレスを入力します。

    入力完了後、画面下部の【更新】をクリックします。

注意してください

プリンターの設定/登録を行なったあとは必ずスマレジ・アプリのデータ同期(店舗)を行なってください。

スマレジ・アプリの印刷設定

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. プリンター設定画面を開きます

    『設定 > プリンター設定 > 使用プリンタ』を選択します。
  2. 使用するプリンターを設定します

    Ethernet欄の『EPSON TM-m30(Ethernet)』を選択します。
この記事は役に立ちましたか?
6人中3人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ