フォローする

【STEP1】軽減税率の設定

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

本機能は、消費税増税に伴い実施予定とされる軽減税率に対応した機能となります。
軽減税率対象品目及び複数税率にて商品を販売をする店舗様が早めに準備をすることができるように、いちはやく実装をしております。
現時点で設定することは可能ですが、2019年10月までご利用することは控えてください。
2019年10月以前にご利用する際は、トレーニングモードでご利用することをお勧めします。

スマレジで軽減税率を行う場合、あらかじめ管理画面で設定を行う必要があります。
このページでは、店舗で利用をする軽減税率を設定する方法を案内します。

操作手順

  1. スマレジ管理画面の「設定(右上の歯車)」から「基本設定」>「軽減税率」とクリックします。
  2. 軽減税率の設定画面が開きます。
    「新規登録」をクリックして登録画面を開きます。
  3. 登録画面で各項目に入力をして登録します。
    「軽減税率名」には[テイクアウト]等、軽減する対象等の名称を入力します。
    「軽減税率区分」には軽減税率の種類を入力します。※下記で詳しく案内します。
    「軽減税率」には軽減された際の税率(8%)を入力します。
    「適用開始日」には実際に軽減税率が適応される日付を入力します。
    「適用終了日」には終了予定日が決まっている場合のみ日付を入力します。
    「条件」には、「軽減税率区分」に応じて詳細を入力します。※下記で詳しく案内します。
    各項目の入力ができたら「登録」をクリックして軽減税率を設定することができます。

特定商品や特定部門の軽減税率適用

「酒類」「外食」「ケータリング・出張料理等」を除く飲料食品は軽減税率の対象になります。
コンビニで売られているお弁当や、洋菓子店で売られているケーキ等、店舗に飲食スペースがないが飲料食品を販売している場合にこの軽減税率が適用されます。

状態による軽減税率適用

飲食店で商品を購入する際、イートインの場合は軽減税率の対象になりませんが、テイクアウトの場合は軽減税率の対象になります。
例えば、喫茶店のコーヒー等の、イートインでもテイクアウトでも販売する商品がある場合はこの軽減税率を設定してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください