フォローする

自動釣銭機(RT-300 / RT-380 / N-300)と連携させる

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアム
    プラス
  • フード
    ビジネス
  • リテール
    ビジネス
大きなサイズで再生
動画内容

レジ端末と自動釣銭機を接続するための変換器「REX-ET62」の設定について解説している動画です。

このページでご案内している、スマレジと自動釣銭機の連携方法の確認前にご視聴いただくことをお薦めしています。

再生時間
10分35秒
スマレジとグローリー社製の自動釣銭機を連携する場合、別途変換器が必要です。
このページでは、スマレジと自動釣銭機と連携する方法についてご案内します。
変換器REX-ET60をご利用の場合はこちらをご確認ください
自動釣銭機の導入をご希望の場合は、弊社サポート(support@smaregi.jp)までご連絡ください。

STEP1 設定ソフトのインストール方法

はじめに、設定に必要なソフトウェアをパソコンにインストールする必要があります。
REX-ET62設定ソフトのダウンロードはこちらから行なってください
設定用ソフトウェアはWindowsにのみ対応しています
その他OS(macOS、Android、ChromeOS、UNIX など)に対応しておりません

STEP2 REX-ET62の設定方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 機器の配線を行ないます

    tsurisenki_change_017.png
    ルーターと変換器を接続します。 
    パソコンと変換器とレジ端末のネットワーク接続は同じネットワークに接続してください
  2. アクティベートを行います

    tsurisenki_change_007.png
    『ET62J_Activate.exe』ファイルを開き、パスワード『smaregi』を入力し、【検索実行】をクリックします。

    tsurisenki_change_008b.png
    表示された端末情報をダブルクリックします。
    『アクティベートします』というポップアップが表示されるので【はい】をクリックします。

    アクティベート情報が『未アクティベート』から『アクティベート済み』になります
    製品の保証期間は機器のアクティベートを行なってから1年です
  3. 『Configuration Tool』を起動します

    tsurisenki_change_009.png
    インストールした『Configuration Tool』を起動し、【ET62Jの検索】をクリックします
    パソコンが接続しているネットワークが設定の対象となるので、ツールを起動する際は、変換器とパソコンを同じネットワークに接続してください
    ネットワークを変更する場合、『Configuration Tool』を終了して再起動してください (無線接続から有線接続へ変更する、ルーターを変更する など)
  4. 検索時のパスワード入力画面が表示されます

    tsurisenki_change_010.png
    パスワード『smaregi』を入力し、【検索実行】をクリックします。
  5. 検索内容が反映されます

    tsurisenki_change_011.png
    数値が入ったことを確認し、【ポート番号】に『10230』と入力します。
    『ローカルIPアドレス・サブネットマスク・デフォルトゲートウェイ』が入力されます。
  6. 『シリアル設定』タブを選択し、設定に必要な数値を入力します

    tsurisenki_change_012.png
    以下の情報を入力します。
    ボーレート GLORY RT-300 / RT-380 / N-300: 9600
    PayCube:38400
    データビット GLORY RT-300 / RT-380 / N-300: 7
    PayCube:8
    パリティー EVEN
    ストップビット 1
    フロー制御 none
    半角英数字でご入力ください
  7. 入力後、変換器の設定内容を保存します

    tsurisenki_change_013.png
    【設定】をクリックします。

STEP3 管理画面で自動釣銭機の設定を行なう

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. スマレジ管理画面で店舗画面を開きます

    tsurisenki_change_001.png
    スマレジ管理画面の『店舗 > 店舗一覧 > 該当の店舗』を選択します
  2. レジ端末を選択します

    tsurisenki_change_002.png
    店舗の【端末の設定】タブを選択します。

    tsurisenki_change_003.png
    レジで使用する端末名をクリックします。
  3. IPアドレスを入力します

    tsurisenki_change_004.png

    『自動釣銭機』に設定した自動釣銭機の『IPアドレス』を入力します。

    【更新】をクリックします。

    『IPアドレス』は変換器の設定時に指定したIPアドレスを入力します
    (例:192.168.1.240:10230)
    管理画面で変更した設定は、データ同期を行なうことで、スマレジ・アプリに反映されます。
    データ同期はスマレジ・アプリの『設定 > [データ] データ管理』の『[マスター情報] 店舗』をタップすることで行ないます。
    画面右上の同期アイコンからもデータ同期が可能です

STEP4 アプリで自動釣銭機の設定を行なう

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
スマレジ・アプリの設定で『自動釣銭機』の項目をONにします

tsurisenki_change_005.png

スマレジ・アプリの『設定 > その他』をタップします。

【[GLORY RT300​​ / RT380] 使用する】をONにします。

関連する説明動画の紹介

レジ端末と自動釣銭機を接続するための変換器「REX-ET62」の設定について解説している動画です。
このページのトップでご確認いただける動画と同内容です
自動釣銭機利用時の変換器『REX-ET62』の設定方法についてご案内しています。
音声が流れますのでボリュームにお気を付けください
スマレジの機能やサービスについてご案内するYouTubeチャンネル
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ