フォローする

ラベルプリンターを使って値札を印刷する(オーダーシート機能)

plan_smaregi_05_only_retail.jpg
オーダーシートをご利用いただいている場合、発注情報を元に値札発行という処理が可能です。
このページでは、発注情報からCSVファイルをダウンロードし値札作成を行う方法をご案内します。

『オーダーシート』とは

自社製品を取り扱っていて、インストアコードを利用している小規模の会社さん向けの機能です。
『サイズやカラー展開のある商品の、発注・登録・商品コードの自動採番』を同時に行なうため、サイズ展開・カラー展開の商品を取り扱っていることが条件です。
※オーダーシートをご利用の場合、任意の商品コード登録は行なえません

オーダーシートについては弊社サポート担当へお問い合わせください。
サポート宛メールアドレス:[email protected]

使用するラベルプリンター

※動作検証済みの機器は以下。
その他のプリンターでの動作や設定については該当のプリンターメーカーへお問い合わせください。
ブラザー工業 ラベルプリンター QL700
ブラザー工業 ラベルプリンター QL800

発注情報から印刷したい商品のリスト(CSVファイル)を作成する

  1. 発行するための準備として、値札に記載する内容を整えます。
    管理画面の『在庫 > 発注 > 値札発行』を選択し、値札発行画面を開きます。
    image01.png
  2. 検索オプションで、値札を発行したい商品を検索し絞り込みます。
    image02.png
  3. 商品を絞り込んだら『値札CSVダウンロード』ボタンをクリックします。
    image03.png
  4. お使いのPC環境を設定し(Windows・Mac)『CSVダウンロード設定』をクリックします。
    image04.png
  5. 各項目をドラッグ&ドロップで『CSV出力する項目』と『CSV出力しない項目』に移動させ設定します。
    設定が完了後、『設定』をクリックしCSVダウンロードします。
    image05.png

繰り返し表示させたい項目をあらかじめ設定する

  1. 『設定 > 基本設定 > 在庫管理設定』を選択し、在庫管理設定画面を開きます。
    image06.png
  2. 『値札発行の設定』欄を設定します
    image07.png

    値札発行の設定で登録する項目

    項目 内容
    おなじ商品を一行にまとめる 値札発行画面のCSV出力方法を設定します。
    同じ商品をまとめない場合、発行枚数分のレコードがCSV出力されます。
    価格を3桁区切りにする 値札発行画面のCSV出力の価格を3桁区切りにする/しないを設定します。
    価格の先頭文字/末尾文字 この欄に入力された文字を、ダウンロードするCSVファイルの価格(単価・原価・会員価格)の先頭・後尾に接頭します。
    例えは接頭文字に"¥"、末尾文字に"―"や"円"などです。

QL-700・QL-800のソフトを使って印刷する

ここからは、ダウンロードした値札CSVファイルを用いて、実際に値札を発行する手順です。
ここでは、Brother QL-700・QL-800 に付属するラベルエディターソフト P-touch Editorを用いてご説明いたします。

ワンポイントアドバイス

ソフトウェアからラベル作成を行う場合は、こちらのページからダウンロード可能です。

  1. P-touch Editorを起動します。対応プリンターが接続されていればロール紙の幅を自動認識してくれます。
    ラベルの長さは自動でも固定でもかまいません。
  2. 『ファイル > データベース > 接続』をクリックします。
  3. 先ほどダウンロードした値札CSVファイルを選び、『次へ』をクリックします。
  4. データが反映されると、『データベース』という表になって現れます。 この表の上で、どこでも良いので右クリックします。
  5. 『レイアウトへフィールドを追加』をクリックします。
  6. 追加させたいデータと、追加形式を選びます。
    追加形式で『バーコード』を選択すると、選択されたデータはバーコードに変換されます。
    『テキスト』で選択されたデータは、そのまま文字列として表示されます。

    この場合、『コード』という名の数値をバーコードに変換し、【品名・価格・サイズ』の3つの項目を表に出ている通りに表示します。
    その際、『フィールド名のテキストを同時に追加する』はチェックを外した状態にしてください。
  7. ラベルのレイアウトを決めます。
    現在選択しているデータ以外でも、ここで表示されているものと同じレイアウトで表示されます。
    また、このレイアウトを含めた状態で保存しておくことも出来ます。後からでも修正を加えるなどして印刷できるように、是非保存しておいて下さい。

    ロゴなど、表にないものは別途直接入力します。
    テキストボックスや、画像の挿入を用いて、直接入力してください。
  8. 最後は印刷です。
    印刷範囲を指定できます。『レコード範囲』で『現在のレコード』を指定しているときは、インポートした表の数字の横に[►]が出ている行が印字されます。

    または、上から何番目、といった指定をかけることもできます。 必要に応じて、設定を行い印刷してください。
    _____2_02.jpg
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください