フォローする

取引履歴の締め日を変更する

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス
スマレジは1日の売上を、取引の『締め日』を参照して計算しています。
『締め日』を変更することで、該当の取引を任意の日付の売上として計上することができます。
締め日変更を行なう取引が複数ある場合は、一括で締め日を変更することも可能です。

取引ごとに締め日を変更する方法

  1. 管理画面から『取引履歴 > 取引履歴一覧』を開きます。
    ...
  2. 締め日を変更したい取引を選択します。
    ...
  3. 取引明細画面の『取引履歴の編集』をクリックします。
    ...
  4. 『締め日』の項目をクリックし、締め日を選択します。
    ...

    『締め日』項目が表示されていない場合

    『締め日』項目が表示されない場合、締め処理をする必要があります。
    『日時処理』の画面から締め処理を行なってください。
    締め日の修正は、必ずその日の営業が終了し、締め処理を行なった後に実施してください。
    (手動締め処理の場合)
  5. 【更新】をクリックします。
    ...

複数取引の締め日を一括変更する方法

  1. 管理画面から『取引履歴 > 取引履歴一覧』を開きます。
    ...
  2. 『検索オプション』をクリックし、一括変更する取引を絞り込みます。
    (例:日付での絞り込みや、締め日での絞り込みなど)
    取引を絞り込む情報を入力し『この条件で検索する』をクリックします。
    ...
  3. 検索結果に問題がないことを確認し、『締め日一括変更』をクリックします。
    ...

    『未締めの取引が含まれています』と表示される場合

    『未締めの取引が含まれています』と表示される場合、取引一覧の検索結果に締め処理が完了していない、または締め処理が解除されている取引が含まれています。

    【締め日の変更】は締め処理済の取引でのみ実行できる操作です。
    『日時処理』の画面から締め処理を行なってください。
    締め日の修正は、必ずその日の営業が終了し、締め処理を行なった後に実施してください。
    (手動締め処理の場合)
  4. 変更する締め日を選択し、【締め日一括変更】をクリックします。
    ...

キャッシュドロア設定を使用している場合

キャッシュドロア設定を使用している場合、ドロアを変更することができます。
【キャッシュドロアの変更】をクリックし、『キャッシュドロア所属店舗』と『取引の紐付け変更後のキャッシュドロア』を選択して【締め日一括変更】をクリックします。
※管理画面の『設定 > 基本設定 > 基本設定』で『締め日一括変更時のキャッシュドロア変更』を【利用する】にしてください
...

ワンポイントアドバイス

スマレジには締め処理を自動で行う機能が搭載されています。
締め忘れを防ぐだけでなく、作業時間の短縮に繋がりますので、ぜひご活用ください。

詳しくは締め処理を『自動』で行なうをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ