フォローする

CSVファイル内の数値が省略されてしまう場合

plan_smaregi_01_all.jpg
CSVデータを使用して各種データの一括変換を行なう際、Excelなどの表計算ソフトで表示したCSVデータの一部が、『1.12001+E13』などの省略表示になる場合があります。
これは指数表記と呼ばれるもので、桁数の多い数値(設定にもよりますが、12桁か13桁以上のようです)が表計算ソフトなどの機能で変換されたものです。
表計算ソフト上ではそのままで問題ありませんが、そのままCSVデータへすると元の数値ではなく表示数値のまま保存されてしまいます。
そのままアップデートファイルとして指定すると、商品IDや商品コードがすでに登録されているとエラーが返ることになります。

このページでは、Excelを元に指数表記の解除方法を案内します。
ご利用の表計算ソフトや、ソフトのバージョンに依って設定方法が異なる場合があります。
その際は各ソフトウェアのメーカーへお問い合わせください。
 

CSVの指数表記を解除する

  1. 指数表示で桁数の多い項目が省略されてしまったファイルです。
    sisu-kaijo_01.png
  2. セルを選択すると、実際に入力された内容が確認できます。
    sisu-kaijo_02.png
  3. 指数表示を解除する列のカラム値(Excelの場合はA,B,C…と表示されている部分)をクリックし、列を丸ごと選択します。
    選択された列のカラム値上で右クリックし、メニューを開きます。
    表示されたメニューから【セルの書式設定】を選択してください。
    sisu-kaijo_03.png
  4. セルの書式設定画面が表示されます。
    【分類】を『数値』、もしくは『ユーザー設定』へ変更してください。
    sisu-kaijo_04.png

    『ユーザー設定』へ設定する場合、『種類』は【0】を選択してください。
    sisu-kaijo_05.png
  5. セルの書式設定が適用されました。
    他の列でも設定変更が必要な場合、上記の処理を繰り返してください。
    sisu-kaijo_06.png
  6. セルを選択し、実際の入力数値と表示が同じ数値であることが確認できます。
    sisu-kaijo_07.png
  7. 指数表記が解除された状態で、CSVデータとして保存します。
    アップデートファイルは『Shift-JIS形式』である必要がありますので、ファイル形式をお間違えにならないようご注意ください。
    『コンマ区切り(.csv)』を選択して保存します。
    sisu-kaijo_08.png

注意してください

保存したCSVファイルは指数表記が解除されていますが、Excelなどで再度展開すると再度指数表記が適応されてしまいます。
保存したデータはそのままアップロードファイルとして選択してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください