フォローする

dummy

注釈文や段落用の『2行目以降インデント』

「indent-note」というクラスをつけると、
注釈文や段落用の『2行目以降インデント』が出来るようになります。

Bパターン:左60%/右40% x [テキスト|画像]


  1. 全てのコンテンツを囲むコンテナのクラス名: row
    コンテナのクラス名: col-sm-7

    右側のコンテナに「col-sm-5」をつけます。
    右側のコンテナの幅が「row」の60%になります。

    この左側のコンテナに「col-sm-7」をつけるとこのコンテナの幅が「row」の40%になります。
    コンテナのクラス名: col-sm-5

Cパターン:左50%/右50% x [画像|画像]


全てのコンテンツを囲むコンテナのクラス名: row
右側も左側ものコンテナに「col-sm-6」をつけますと両方ともの幅が50%ずつになります。

左側のコンテナのクラス名: col-sm-6

右側のコンテナのクラス名: col-sm-6

Dパターン:左60%/右40% x [テキスト|テキスト]

全てのコンテンツを囲むコンテナのクラス名: row

左側のコンテナのクラス名: col-sm-5

このコンテナに「col-sm-7」というクラスをつけます
そして、幅が「row」コンテナの60%になります。
右側のコンテナのクラス名: col-sm-7

このコンテナに「col-sm-5」というクラスをつけます
そして、幅が「row」コンテナの70%になります。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください