フォローする

自動釣銭機の残置設定方法

自動釣銭機では、内部の釣銭金額の残置設定を行うことが出来ます。
残置設定を行うと、精算後にその金額を残して売上金を回収するようになります。

残置設定の操作方法

  1. 釣銭機の液晶画面表示が待機中であることを確認し、モード切り替え鍵を「管理」位置に合わせます。
    下の写真の①のボタンを押しながら、②と③のボタンを押します。
    IMG_6797.JPG
  2. 「設定」を選択します。
    IMG_0087.JPG
  3. 「残置設定」にカーソルを合わせ、「決定」を選択します。
    IMG_0357.JPG
  4. 「←」「→」で桁を移動、「減」「増」で金額の増減を行い、残置金額を設定して「次へ」を選択します。
    IMG_0358.JPG
  5. 金種別優先度の設定をします。「▲」「▼」で設定したい金種を選択し、「減」「増」で優先度の設定をします。(優先順位の高い金種から順に枚数を多く残します)
    設定後、「次へ」を選択します。
    IMG_0359.JPG
  6. 残置基準値の設定をします。「▲」「▼」で設定したい金種を選択し、「減」「増」で優先度の設定をします。設定後、「次へ」を選択します。
    IMG_0360.JPG
  7. 確認メッセージが表示されるので、設定内容を確認し、「決定」を選択します。
    IMG_0361.JPG

注意してください

設定した残置基準値を残置枚数として残しますが、以下の要素により残置枚数が残置基準値と異なる場合がありますのでご注意ください。
・設定した残置金額
・設定した優先順位
・収納庫在高が残置基準値を下回る場合
・紙幣リジェクトがある場合、もしくは回収中に紙幣リジェクトが発生した場合
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください