フォローする

カメラ読み取り時にスキャンできるバーコードの種類

スマレジ・アプリのカメラ読み取り機能には、読み取れるバーコードと読み取れないバーコード規格が存在します。

読み取れるバーコード規格

スマレジ・アプリのカメラ読み取り機能でスキャン可能なバーコード規格です。
バーコード規格
の種類
説明 バーコード画像
JAN JANコードは事業者、商品の種類を示す、世界共通の商品識別番号です。

JAN = Japanese Article Number の略称です。
image01.png
EAN EANコードもJANと同様に事業者、商品の種類を示す、世界共通の商品識別番号です。

EAN = European Article Number の略称です。
image02.png
UPC UPCコードはアメリカやカナダで扱われている統一商品コードです。
主にUPC-A、UPC-Eの二つがあります。

UPC-A =12桁/UPC-E =8桁
image03.png
CODE39 CODE39は数字、アルファベット、複数の記号のキャラクタをコード化した規格です。
image04.png
CODE128 CODE128はアスキーコード128文字(数字、アルファベット大文字/小文字、記号、制御コード)をバーコード化できる規格です。
image05.png
ITF ITFコードは主にダンボール等に用いられる物流商品コード用のバーコードです。
image06.png
GS1-128 GS1-128はJANやITF等の情報に加え、物流や商取引の情報などを表示するために使用されるバーコードです。
image07.png
QRコード QRコードは高速読み取りを可能にした二次元コードです。

商品バーコードとして使用する場合は、読み取り情報を商品コードの値と一致させる必要があります。
image08.png

読み取れないバーコード規格

スマレジ・アプリのカメラ読み取り機能でスキャン不可能なバーコード規格です。
バーコード規格
の種類
説明 バーコード画像
NW-7
(CODABAR)
NW-7は比較的初期に開発されたバーコード規格です。

NW-7で使用されているスタート・ストップキャラクタという情報をiPadのカメラ機能では感知することができないため、読み取りができません。
image09.png
ISBN ISBN(書籍JANコード)は書籍流通用の使用されているバーコードです。

ISBNは二段バーコードとしての使用が必要となり、iPadのカメラ機能ではどちらか一方のバーコードを読み取ってしまうため、正しい読み取りができません。
image10.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください