フォローする

JT-C30L(J-Mups対応)との連携設定

plan_smaregi_01_all.jpg
クレジット決済端末『JT-C30L』の設定を行なう際に必要な「REX-ET60(変換器)」の設定方法についてご案内します。

注意してください

『JT-C30L』をスマレジと連動して利用するためには、スマレジ社を経由して『JMSおまかせサービス』をご契約していただく必要があります。
『JT-C30L』を用意するだけでは利用できません。

『JT-C3-L』の利用をご希望される場合は、スマレジ社へご連絡ください。
お問い合わせはこちら(入力フォームが表示されます)

REX-ET60(変換器)とは?

クレジット決済端末とスマレジと繋ぐための中継機のようなものです。
変換器を経由してネットワークに繋ぎ、レジ端末とクレジット決済端末を接続することが可能となります。
 
 

STEP1 REX-ET60の設定ソフトのインストール方法

  1. はじめに設定に必要なソフトを2つインストールします。
    REX-ET60設定ソフト
    RATOC VSP設定ソフト

    注意してください

    設定のソフトは、WindowsPCのみインストール可能です。
    MacPCはインストールすることができません。

REX-ET60(変換器)の接続方法

変換器の設定を行う際に、接続するケーブルは『電源ケーブル』『LANケーブル』『POS連携ケーブル』の3種類です。
『LANケーブル』は、店舗で使用するWi-Fiのルーターまたはポートと繋がっていることを確認してください。
『POS連携ケーブル』は、クレジット決済端末に接続されていることを確認してください。

『電源ケーブル』『LANケーブル』『POS連携ケーブル』の接続
img1.PNG

STEP2 REX-ET60の設定方法

  1. ソフトをダウンロードしたPCで、『REX-ET60 Configration Tool』を起動します。
    img2.png
  2. 『検索』をクリックします。
    img3.png
  3. 検索時のパスワード入力画面が表示されます。
    『ratoc』と入力し、検索を行ないます。
    img4.png
  4. 検索結果として、『ローカルIPアドレス』や『サブネットマスク』『デフォルトゲートウェイ』に数値が入ります。
    数値が入ったことを確認し、【ポート番号】に『5000』と入力します。
    img5.png
  5. 『シリアル』タブを選択し、設定に必要な数値を入力します。
    入力内容は、画像下の一覧をご確認ください。
    img6.png
    項目 入力内容
    ボーレート 『115200』を入力します。
    ※半角数字で入力してください。
    データビット 『8』を入力します。
    ※半角数字で入力してください。
    パリティー 『ODD』を選択します。
    ストップビット 『1』と入力します。
    ※半角数字で入力してください。
    フロー制御 『XON/XOFF』を選択します。
  6. 入力後、『設定』をクリックし、変換器の設定内容を保存します。
    img7.png

STEP3 RATOC VSPの設定方法

  1. ソフトをダウンロードしたPCで、『RATOC VSP』を起動します。
    img8.png
  2. 『自動』を選択し、『検索』をクリックします。
    img9.png

    ワンポイントアドバイス

    クレジット決済端末を同じネットワーク内で複数台(6台以上)設定する場合は、『手動』を選択します。
    手動でIPアドレスを入力し、検索を行なってください。
    image009_REX.png
  3. 検索時のパスワード入力画面が表示されます。
    『ratoc』と入力し、検索を行ないます。
    img10.png
  4. 検索結果として、【リモートIP / ホスト名】にSTEP2 REX-ET60の設定方法で設定したIPアドレスが表示されたことを確認します。
    img11.png
  5. 次に【TCPポート】に『5000』と入力し、『リストに追加』をクリックします。
    img12.png
  6. 『COMポート作成』をクリックします。画面左側にポートが作成できれば設定完了です。
    img13.png

STEP4 スマレジ・アプリでの設定方法

  1. スマレジ・アプリの【設定 > クレジットカード設定 > JT-C30L】を選択します。
    img14.png
  2. クレジット決済端末名(JT-C30L)をONにします。
    img15.png
  3. 『IPアドレス』と『ポート』を入力します。
    ここで入力するIPアドレスは変換器の設定時に指定したIPアドレスです。
    ポートには『5000』と入力します。
    img16.png
    以上で設定は完了です。

注意してください

管理画面のアプリ設定で、スマレジ・アプリの設定を管理する場合、IPアドレスを一つしか設定しておくことができません。
複数台のクレジット決済端末を利用する場合は、管理画面のアプリ設定は使用しないでください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください