スマレジ・ペイメントの旧端末使用期間延長のお知らせ
詳しくはこちらをご確認ください
フォローする

JT-C30L / JT-C31W(JET-S Cloud)と連携させる

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアム
    プラス
  • フード
    ビジネス
  • リテール
    ビジネス
クレジット決済端末『JT-C30L / JT-C31W(JET-S Cloud)』の設定を行なう際に必要な「REX-ET60(変換器)」の設定方法についてご案内します。
REX-ET60(変換器)は、クレジット決済端末とスマレジを繋ぐ変換器です。
変換器を経由してネットワークに繋ぎ、レジ端末とクレジット決済端末を接続することが可能となります
『JT-C30L / JT-C31W(JET-S Cloud)』をスマレジと連動するためには、別途機器や設定が必要になります。
ご利用をご希望される場合は、スマレジ社へご連絡ください。
お問い合わせはこちら(入力フォームが表示されます)

STEP1 REX-ET60の設定ソフトのインストール方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
はじめに、設定に必要なソフトウェアをパソコンにインストールする必要があります

ラトックシステム株式会社 ソフトウェアダウンロードページ REX-ET60設定ソフト(REX-ET60ネットワーク/シリアル設定ユーティリティ)

設定用ソフトウェアはWindowsのみ対応です
その他OS(macOS、Android、ChromeOS、UNIX など)に対応しておりません

REX-ET60(変換器)の接続方法

  1. kanri.png

    変換器の設定を行なう際に、接続するケーブルは『電源ケーブル』『LANケーブル』『POS連携ケーブル』の3種類です。

    『LANケーブル』は、店舗で使用するWi-Fiのルーターまたはポートと繋がっていることを確認してください。

    『POS連携ケーブル』は、クレジット決済端末に接続されていることを確認してください。


STEP2 REX-ET60の設定方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. インストールした『REX-ET60 Configration Tool』を起動します

    ご確認ください

    REX-ET60 Configration Toolは、起動時にパソコンが接続しているネットワークを設定の対象とします。

    ソフトウェアを起動する際は、REX-ET60とパソコンが同じネットワークに接続されている状態であることをご確認ください。

    ネットワークを変更する場合、『REX-ET60 onfigration Tool』を終了して再起動してください
    (無線接続から有線接続へ変更する、ルーターを変更する など)
  2. 【検索】をクリックします

  3. 検索時のパスワード入力画面が表示されます

    パスワードへ『ratoc』と入力します。

    【確認】をクリックします。

  4. 検索結果が各項目に反映されます

    数値が入ったことを確認し、【ポート番号】に『5000』と入力します。

    はじめてREX-ET60を設定する場合

    はじめて設定を行なう場合は、検索結果としてREX-ET60の初期値が入ります。

    【初期値】
    ローカルIPアドレス:192.168.11.2
    サブネットマスク:255.255.255.0
    デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1

    店舗のネットワーク環境に合わせて数値を変更してください。

  5. 『シリアル』タブを選択し、設定に必要な数値を入力します

    入力する内容は以下をご確認ください。

    入力値

    ボーレート:115200
    データビット:8
    パリティー:ODD
    ストップビット:1
    フロー制御
    (JT-C30L)
    : XON/XOFF フロー制御
    (JT-C31W)
    : NONE

    半角英数字でご入力ください
  6. 入力後、【設定】をクリックし、変換器の設定内容を保存します

STEP3 管理画面の設定方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. CCT端末の一覧画面を開きます

    管理画面にて、『設定 > レジ設定 > CCT端末一覧』を選択します。
  2. CCT端末の新規登録画面を開きます

    【新規端末登録】をクリックします。
  3. CCT端末の登録を行ないます
    003-c.png
    『CCT端末名』『IPアドレス』『ポート番号』を入力、接続種別を選択し、【登録】をクリックします。
    設定項目については以下の表をご覧ください。
    項目 内容
    CAT/CCT端末名 利用する端末名を入力します。
    接続種別 利用する決済端末を選択します。
    『JT-C30L』もしくは『JT-C31W(JET-S Cloud)』を選択してください。
    IPアドレス REX-ET60で設定したIPアドレスを入力します。
    ポート番号 『5000』を入力します。
    シリアル番号 入力は不要です。
    接続種別で『JT-C30L』『JT-C31W(JET-S Cloud)』を選択している場合、入力することができません
  4. CCT端末を紐づけるレジ端末の設定画面を開きます

    管理画面にて、『店舗 > 店舗一覧』を選択し、設定を行なう店舗名をクリックします。

    上部のタブから『端末の設定』を選択します。

    CCT端末を紐づけるレジ端末名をクリックします。

  5. CCT端末をレジ端末に紐づける設定を行ないます

    『CCT端末設定』の項目へ登録したCCT端末名を設定し、【更新】をクリックします。

    以上で設定は完了です。

STEP4 アプリの設定方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. スマレジ・アプリの設定を行ないます
    13.png

    スマレジ・アプリにて、『設定 > クレジットカード設定』を選択します。

    『JT-C30L』もしくは『JT-C31W(JET-S Cloud)』の設定をONにします。

注意してください

管理画面のアプリ設定で、スマレジ・アプリの設定を管理する場合、IPアドレスを一つしか設定しておくことができません。
複数台のクレジット決済端末を利用する場合は、管理画面のアプリ設定は使用しないでください。
この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ