フォローする

自動釣銭機で紙幣・硬貨が詰まった時の対処方法

plan_smaregi_01_all.jpg
お会計中や釣銭の補充中に硬貨や紙幣が詰まってしまった場合に、
無理な取出し操作は自動釣銭機の故障原因となります。
このページでは、自動釣銭機(RT-300)に詰まってしまった硬貨・紙幣をスムーズに取り出しできる方法についてご案内します。
image01_____.png
 

自動釣銭機について

自動釣銭機の機能や詳細については、以下のページをご覧ください。
自動釣銭機(RT-300)とは

注意してください

硬貨・紙幣が詰まった際に、自動釣銭機の装置内部を開く操作があります。
操作手順に従って必ず順番通りに操作してください。
無理な開閉操作等は、機器の故障に繋がりますのでご注意ください。

硬貨・紙幣詰まり時に必要なもの

自動釣銭機から詰まってしまった紙幣と硬貨を取り出すために、自動釣銭機の鍵が必要となります。
逆三角形の形をした鍵が必要です。
※下図参照
image07.png

硬貨が詰まった場合の対処方法

  1. 自動釣銭機本体の硬貨排出箇所下部にあります鍵穴に専用の鍵を挿します。
    ※専用の鍵についてはこちらご覧ください
    image01-__.png
  2. 専用の鍵を【保守】に回します。
    image02.png
  3. 鍵を【保守】に回しながら手前に最後まで引きます。
    硬貨の搬送路がある装置内部を確認できます。
    装置内部のパーツを外したり破損させないようご注意ください。

    ※下記動画を参照ください
  4. 硬貨の搬送路がある【6】を開きます。
    硬貨が詰まっていた場合は、硬貨を取り出し元に戻します。

    ※下記動画を参照ください
  5. 硬貨取り出し後は、元に戻してください。  

紙幣が詰まった場合の対処方法

  1. 自動釣銭機本体の紙幣排出箇所下部にあります鍵穴に専用の鍵を挿します。
    ※専用の鍵についてはこちらをご覧ください
    image08.png
  2. 専用の鍵を【保守】に回します。
    image09.png
  3. 鍵を【保守】に回しながら手前に引きます。
    紙幣の搬送路がある装置内部が確認できます。
    装置内部のパーツを外したり破損させないようご注意ください。

    ※下記動画を参照ください
  4. プラスチックのシート(異物除去シート)をめくり、緑のハンドルを1つ取り外します。
    次に【12】の取り外しガイドも取り外します。
    紙幣が詰まっていた場合でも無理に取り出そうとしないでください。
    故障や紙幣破損の原因となります。

    ※下記動画を参照ください
  5. 【7】の開閉レバーを開き、ハンドルを【13】に取り付けます。

    ※下記動画を参照ください
  6. ハンドルを右回りにゆっくりと回します。
    【7】の開閉口から詰まっていた紙幣が排出されます。

    ※下記動画を参照ください
  7. 紙幣取り出し後は、元に戻してください。

ワンポイントアドバイス

自動釣銭機を使用した際に発生したエラー対処方法や、操作履歴の確認方法等については以下のページをご覧ください。
・自動釣銭機を使ったお会計方法
・自動釣銭機の『精査』が点灯している場合の対処方法
・自動釣銭機の操作履歴を確認する
・自動釣銭機を使用した際に発生したエラー対処方法について

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください