フォローする

税率の設定

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

必ずご確認ください

2019年8月8日に実施されたスマレジ管理画面のアップデートにて、
これまでヘルプページでご案内している消費税改定・軽減税率対応機能から、いくつかの点で仕様変更がございます。

消費税改定・軽減税率対応に対して、商品情報の変更が必要なお客様は、必ず以下のページをご確認ください。

【必ずご覧ください】消費税改定・軽減税率対応における仕様改善についてのご説明
2019年10月1日から消費税率の改定が実施されます。
消費税率改定に伴い、【軽減税率制度】がスタートします。

軽減税率制度とは

特定の品目の課税率を、他の品目に比べて低く定めることを指します。
消費税率が改定(8%→10%)された際に、食料品や新聞などが 軽減税率(複数税率)の
対象品目となり、税率8パーセントのまま据え置きになります。
※消費税率は、軽減税率(8%)と標準税率(10%)の複数税率制度が導入されます

スマレジでは、2019年10月1日にサーバーが自動的に税率を10%へ変更します。
アプリへの反映には『店舗データ同期』が必要です。
※事前に税率設定を行なう場合は、サーバーの税率自動適用は行なわれません

注意してください

消費税率改定後(2019年10月1日)、税率10%へ自動反映する条件は以下の通りです。
1.消費税マスタに10%の設定がないこと
2.消費税マスタに2019/10/01の設定がないこと
3.通貨単位が円になっていること

設定が条件に満たない場合は、
2019年10月1日に自動反映されませんので、ご注意ください。

※以下のような設定の場合は、税率10%へ自動反映は行なわれません
・例① 2019年10月3日 税率10%で設定
・例② 2019年10月1日 税率8%で設定

事前に税率の設定を行なう

ワンポイントアドバイス

『以前に税率の設定をしたことがある』『10月3日から税率を変更したい』など、
何らかの理由がない限りは、税率の設定は人的なミスを防ぐためにも
自分で変更しないこと(自動的な変更)をおすすめします。
  1. スマレジ管理画面の左メニューから『設定(歯車) > 基本設定 > 税率』を選択します。
    image01.png
  2. 税率設定のページが開きます。
    『適用開始日』『消費税率』『税丸め』を設定して、【登録】をクリックします。
    各項目の詳細については画像下のリストをご覧ください。
    image02.png

    登録項目詳細

    項目 内容
    運用開始日 運用を始める日付をYYYY/MM/DD形式で入力するか、
    カレンダーから日付を選択します。
    消費税率 税率を入力します。
    税丸め 『四捨五入』『切り捨て』『切り上げ』から選択します。
  3. 『消費税率一覧』に登録した内容が表示されて設定完了です。
    image03.png
この記事は役に立ちましたか?
4人中4人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください