フォローする

【必ずご覧ください】消費税改定・軽減税率対応における仕様改善についてのご説明

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

必ずご確認ください

2019年8月8日に実施されたスマレジ管理画面のアップデートにて、
これまでヘルプページでご案内している消費税改定・軽減税率対応機能から、いくつかの点で仕様変更がございます。

消費税改定・軽減税率対応に対して、商品情報の変更が必要なお客様は、必ずこのページの内容をご確認ください。

スマレジでは消費税改定・軽減税率に対応する機能を、2種類ご用意しております。

当初の予定として、下記2つの軽減税率モードを用意し切り替えを行うことで、
どちらかの設定方法をご利用いただくことを想定しておりましたが、
両方の設定方法を利用したいという声を多数いただいたことから、
モードの切り替えを撤廃し全てのお客様にどちらの設定もご利用いただけるよう改善を行いました。

軽減税率設定の種類

1.日本の軽減税率設定
消費税改定の事前準備を利用して、10月1日以降の税設定、商品単価を設定する方法です。

2.カスタム軽減税率設定
海外の税率などに対応する、消費税率を自由に設定できる機能。
『設定 > 基本設定 > カスタム軽減税率』で登録したカスタム軽減税率IDを、
商品・部門に紐づけて設定する方法です。

2019年8月8日の管理画面アップデートで実施された、軽減税率に関する仕様変更について案内します。

①消費税の軽減税率モード切替の撤廃

これまでの『基本設定 > 消費税の軽減税率』で選択する軽減税率モードの切替を廃止しました。
現在は『消費税の軽減税率』の設定項目自体がなく、全てのお客様がどちらの軽減税率設定方法も利用できます。

②部門・商品情報の項目に『税設定』を追加

部門と商品の詳細情報に『税設定』という項目を追加しました。
  1. 商品は『税設定』にカスタム軽減税率IDを指定することで、カスタム軽減税率設定画面で登録した軽減税率内容での販売を行うことができます。
    renewal_img1.png


    カスタム軽減税率の設定については、軽減税率についてをご覧ください。
    ※2019年10月1日以降は、『標準・軽減・販売時に選択』の選択もできるようになる予定です
  2. 部門は『税設定』に対して『標準・軽減・販売時に選択・カスタム』の選択が可能です。
    カスタムを選択した場合、カスタム軽減税率IDを指定することで、カスタム軽減税率設定画面で登録した軽減税率内容での販売を行うことができます。
    renewal_img2.png


    部門に『税設定』を指定する際の注意(※軽減税率を指定した場合)

    商品が標準税率で設定されている場合、登録部門の税設定が優先されます。
    そのため、「税設定が『軽減税率』の部門」に、「税設定が『標準税率』の商品」を追加した場合、商品の税設定とは異なる『軽減税率適用商品』として扱われます。

    もし、税区分が軽減税率の部門へ「標準税率」の商品を登録する必要がある場合、
    商品の税設定を『販売時に選択』とし、「販売時の初期値」を『標準』に設定
    としてください。
    「商品」の設定を変更していただきます

③消費税改定の事前準備画面の税設定に『既存の設定』を追加

  1. カスタム軽減税率の設定ができるようになったことから、消費税改定の事前準備画面の税設定に『既存の設定』を追加しました。
    『税設定』にカスタム軽減税率IDが設定されている商品のみに表示されます。
    『既存の設定』にカーソルを合わせると、現在設定されているカスタム軽減税率IDを確認することができます。
    renewal_img3.png


    『既存の設定』の商品をまとめて表示する方法

    消費税改定の事前準備画面の検索オプションには『既存の設定』が選択されている商品のみを抽出する検索項目がありません。
    お手数ですが、一覧の項目名『税設定』をクリックして、昇順・降順を切り替えてください。
    降順の状態ですと『既存の設定』が上位に表示されます。

    renewal_img4.png
この記事は役に立ちましたか?
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください