フォローする

軽減税率設定後の販売画面やレシートについて

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス
 

販売業務の画面

管理画面で『税設定』を行なうとき、『標準』『軽減』『販売時に選択』の設定によって
スマレジ・アプリの販売業務画面の表示内容が変わります。
 
 
image02.png
 
 

『標準』を選択した場合

販売業務画面で対象商品を選択すると『標準税率(10%)』でカートインされます。
 
image03.png
 

『軽減』を選択した場合

販売業務画面で対象商品を選択すると『軽減税率(8%)』を適用してカートインされます。
 
image04.png
 

『販売時に選択』を選択した場合

販売業務画面で対象商品を選択するとメッセージが表示され、
『テイクアウト(軽減税率)』、『イートイン(標準税率)』から選択します。
※『販売時の初期値』を『標準』、『軽減』にしている場合はメッセージが表示されません
※表示されるメッセージ(テイクアウト、イートイン)は管理画面の店舗設定で編集できます
詳しくはこちらをご覧ください
 
image01.png
 
『テイクアウト』を選択すると『軽減税率(8%)』を適用してカートインされます。
image05.png
 
『イートイン』を選択すると『標準税率(10%)』でカートインされます。
image06.png

レシート印字内容

軽減税率(8%)を適用して販売を行なうと、
販売レシートの軽減税率が適用された商品名の下に『※』マークが付くので、
標準税率(10%)の商品との区別がつきやすくなっています。
 
image07.png


軽減税率対象商品と、軽減税率対象外商品が混在した会計のレシートイメージです。
『※』が商品名に追加された軽減税率対象商品や、
会計金額に含まれる消費税の詳細などが確認できます。

ワンポイントアドバイス

ヘルプサイト
【消費税改定と軽減税率について】の『軽減税率販売時の会計レシートサンプル』
からも、レシートサンプルイメージをご確認いただけます。

設定方法

  1. まずは、税率の設定を10%(増税後の税率)に変更します。
    管理画面の左メニューから『設定 > 基本設定 > 税率』と進みます。
    image08.png
  2. 税率設定のページが開くので税率を10%に設定します。
    『適用開始日』・・・すぐに使えるよう現在の日付を入力します。
    『消費税率』・・・・10%と入力します。
    『税丸め』・・・・・任意で選択します。
    上記の3つの項目が入力できたら【登録】をクリックして増税後の税率設定は完了です。
    image09.png
  3. 店舗の基本情報で販売区分を『外税販売』に設定します。
    管理画面の左メニューから『店舗 > 店舗一覧』と進み、
    軽減税率で販売を行なう店舗を選択します。
    image10.png
  4. 店舗の基本情報ページが開くので、販売区分を『外税販売』にします。
    ページ下部の【更新】をクリックして販売区分の設定は完了です。
    image11.png
  5. 軽減税率の設定を行なっていきます。
    管理画面の左メニューから『設定 > 基本設定 > カスタム軽減税率』と進みます。
    image12.png
  6. カスタム軽減税率設定のページが開きます。
    『新規登録』をクリックします。
    image13.png
  7. 登録画面の各項目を入力します。
    入力後、【登録】をクリックします。
    ※各項目の内容について詳しくは画像下の表をご覧ください
    image14.png

    設定項目内容

    項目 内容
    軽減税率名 『テイクアウト』等、軽減する対象の名称を入力します。
    軽減税率区分 軽減税率の種類を選択します。
    ※詳しくはこちらをご覧ください
    軽減税率 軽減された際の税率(8%)を入力します。
    適用開始日 実際に軽減税率が適応される日付を入力します。
    試しに使用するので、すぐに使えるよう現在の日付を入力します。
    適用終了日 終了予定日が決まっている場合のみ日付を入力します。
    条件 『軽減税率区分』に応じて詳細を入力します。
    ※詳しくはこちらをご覧ください

    特定商品や特定部門の軽減税率適用

    『酒類』『外食』『ケータリング・出張料理等』を除く飲料食品は軽減税率の対象になります。
    コンビニで売られているお弁当や、洋菓子店で売られているケーキ等、
    店舗に飲食スペースがないが飲料食品を販売している場合は、
    『特定商品や特定部門の軽減税率適用』を選択してください。

    image15.png

    状態による軽減税率適用

    飲食店で商品を購入する際、イートインの場合は軽減税率の対象になりませんが、
    テイクアウトの場合は軽減税率の対象になります。
    例えば、喫茶店のコーヒー等の、イートインとテイクアウトのどちらでも
    販売する商品がある場合は、『状態による軽減税率適用』を選択してください。

    image16.png
  8. 次に軽減税率を商品に適用させていきます。
    管理画面の左メニューから『商品 > 商品一覧』を開きます。
    image17.png
  9. 軽減税率を適用させる商品をクリックして、商品の詳細画面を開きます。
    image18.png
  10. 税設定に『手順7』で設定した項目を選択して、 【更新】をクリックします。
    これで、選択した商品への軽減税率の適用の設定が完了です。
    image19.png
  11. 次に設定した商品をスマレジ・アプリで販売してみます。
    ※設定をした軽減税率の区分によって操作方法が異なります
    軽減税率の区分を『特定商品や特定部門の軽減税率適用』にした場合
    商品をカートインさせると自動で軽減税率が適用されます。特別な操作は必要ありません。
    image20.png
    軽減税率の区分を『状態による軽減税率適用』にした場合
    商品をカートインさせた後に、商品に表示されるボタンで適用させるか適用させないか、
    タップして選ぶことができます。
    image21.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください