フォローする

免税販売電子化のデータ送信時エラー内容について

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス
免税販売を行なった際に、事前設定が完了していると自動的に免税データが送信されます。
ですが、様々な原因より免税データ送信時にエラーが発生する場合があります。
このページでは、免税データ送信時エラーが発生する原因と対応方法についてご案内しています。


免税データ送信時エラー内容

免税データ送信時に発生するエラーは全4種類となります。
エラー発生時の原因と対応方法は以下の通りです。

免税データ送信時エラー一覧

エラー名称 エラー内容 対応方法
通信エラー ネットワークが正常に通信できておらず、免税データが送信されていません。 しばらく時間を開けて、免税データの再送信が必要です。
免税データ再送信方法はこちら
業務エラー 連携項目の値が正しくないため、免税データが送信されていません。 データを修正し、免税データの再送信が必要です。
免税データ再送信方法はこちら
システムエラー 国税庁のサーバーで発生したシステム障害が原因で、免税データが送信されていません。 しばらく時間を開けて、免税データの再送信が必要です。
免税データ再送信方法はこちら
ワーニング 正常にデータ送信はできていますが、送信データに誤りがある可能性があります。 訂正が必要な場合は、データを修正後再送信を行なってください。
免税データ再送信方法はこちら

ワーニングエラーが発生する原因について

ワーニングは、送信データに誤りがある可能性が高いデータの場合に表示されるエラーです。
例えば、「譲渡年月日」が「上陸年月日」から 184 日以上経過していることから、非居住者に該当しない可能性が高いなど。

ワーニングが表示された場合でも、免税販売送信データは正常に受け付けていますので、
訂正の必要なければ、ワーニングエラーへの対応は不要です。
訂正が必要な場合は、免税データを修正後再送信をお願いします。

免税データ再送信方法

免税データ送信時に発生したエラーによって、免税データを再送信する必要がございます。
免税データ再送信の方法についてご案内します。
  1. スマレジ・アプリの『取引履歴』を開きます

    ...
  2. 免税データ再送信を行なう免税取引を選択します

    ...
    取引は『年月 > 日付 > 時間』で選択します。
  3. 取引履歴の【免税書類】をタップします

    ...
  4. 免税書類画面の【保存】をタップします

    ...
    免税情報を編集する必要がある場合は、編集後【保存】をタップします。

ご利用には条件があります

スマレジで免税販売の電子化データ送信を行なうには、以下のすべての条件を満たしている必要があります

1. 免税店としての許可を受けている
2. 販売場識別符号を取得している
3. スマレジはリテールビジネスプランの契約を行っている
4. スマレジの免税設定で、免税データ送信を正しく設定している

確認には以下のヘルプサイトをご参照ください

免税店の認可や識別符号の取得など

契約プランの確認や変更、店舗の免税データ送信設定など
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください