フォローする

『入荷登録』で在庫入れを行なう【管理画面】

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

仕入れ先を指定して入荷登録を行なうことで、『どこ』から『どの店舗』へ『どの商品』が在庫登録されたのかを管理することができます。
このページでは、『入荷登録』で在庫入れを行なう操作についてご案内いたします。



入荷登録の操作


『どこ』から商品を入荷するのかを、あらかじめ『仕入先』として登録する必要があります。
登録方法については、下記ヘルプサイトをご覧ください。



  1. 管理画面にて入荷登録を開きます
    01.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    『在庫 > 入出荷』に進み、【入荷登録】をクリックします。
  2. 入荷情報を入力します
    02.png
    『仕入先』や『入荷店舗』、『入荷日』を選択します。

    項目 内容
    入荷ID 入荷を登録すると自動採番されます。
    仕入先 『どこ』から商品を入荷するのかを設定します。
    入荷店舗 『どの店舗』に商品を入荷するのかを設定します。
    入荷日 『いつ』商品を入荷するのかを設定します。
    今回は在庫入れなので、操作日を設定します。
    メモ 特記事項等がある場合は設定します。
    例)初回在庫入れ
  3. 入荷する商品を入力します
    03.png
    【+商品を選ぶ】または【CSVアップロード】ボタンから入荷商品を追加します。
    以上で登録は完了です。

    項目 内容
    【+商品を選ぶ】 下記に詳細をご案内します。
    【行追加】 クリックすることで、登録する商品の行を追加することできます。
    【CSVアップロード】 商品数が多い場合に、CSVファイルを使用して一括登録ができます。
    下記に詳細をご案内します。
    商品コード 商品に設定されている商品 コードを記載します。
    原価(税抜) 仕入原価(税抜)を入力します。
    予定数 今回は初回の在庫入れなので入力しません。
    通常は仕入先に発注を行なうと、入荷される予定数が計上されます。
    検品数 在庫入れを行なう商品点数を入力します。
    通常は検品した結果、予定数に対して良品として受け入れる商品数量を入力します。
    欠品数 今回は初回の在庫入れなので入力しません。
    通常は検品した結果、予定数に対して商品数が不足していた場合に、欠品している数量を入力します。


    入荷商品の選択方法

    1. syouhinerab.png
      〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
      検索された商品のチェックボックスにチェックを入れ、【選択する】をクリックすることで、入荷商品に登録されます。
      一度に表示できる商品点数は100件までです
    項目 内容
    『商品検索』 『商品コード』『商品名』『商品カナ』を対象に部分一致検索を行ないます。
    【検索オプション】 様々な条件を検索キーにして、商品を絞り込みます。
    『部門名』を利用していただくと、検索がし易いかもしれません。
    設定しましたら、【この条件で検索する】をクリックします。

    入荷商品のCSVで一括登録する方法

    1. csv.png
      〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
      【ファイル選択】をクリックし、入荷する商品のCSVファイルをアップロードします。
      CSVアップロードで一度に登録できる商品の最大件数は500件です
    項目 内容
    【ファイルを選択】 クリックし、作成したCSVファイルを選択します。
    【アップロード】 ファイルのセットが完了しましたら、クリックすることでアップロードが開始されます。

    CSVファイルの項目

    項目 内容
    『商品コード』 各商品に設定された商品コードを入力します。
    『検品数』 在庫入れをおこなう商品点数を入力します。
    『原価(税抜)』 仕入原価(税抜)を入力します。

    は入力必須項目です
    CSVアップロードにて、エラーが表示される際は下記ヘルプサイトをご覧ください。
    全ての情報を入力後、【登録する】をクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ