フォローする

CSVのアップロードのエラーについて / CSV作成時の不明点など

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアム
    プラス
  • フード
    ビジネス
  • リテール
    ビジネス
image01.png
CSVのアップロードに失敗する場合はエラーメッセージが表示されます。
主なエラーの原因になっている要因3点と、エラーメッセージごとの対処法を記載しております。
エラー内容に関わらず下記3点をご確認いただいた上で、エラーごとの対処法をご確認ください。

ワンポイントアドバイス

エラーメッセージではCSVの修正箇所を「x行目」と表示します。
CSVファイルでどこが該当するかは下記をご確認ください。
該当箇所
2行目が指定されている場合
image06.png

CSVファイルとCSVアップロード設定を一致させる(必ず確認してください)

エラーが発生した場合は、エラー内容に関わらずCSVファイルとCSVアップロード設定の不一致が原因の可能性があります。
以下の手順でファイルもしくは設定を修正してください。
本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. CSVファイルを開きます
    image06.png
    CSVファイルを開きます
  2. CSVアップロード設定を開きます
    image06.png
    管理画面で該当項目の『CSVアップロード設定』を開きます。
  3. CSVファイルと『CSV出力する項目』を一致させます
    image06.png
    CSVファイルと『CSV出力する項目』を確認し、項目数と順番を一致させてください。
    修正箇所がない場合、再度アップロードを行なってください。
    image06.png
  4. CSVファイルを修正したら保存します
    image06.png
    CSVの形式はShift-JISを選択してください。
    CSVでもUTF-8を利用している場合、アップロードする際にエラーが発生します。
    ソフトごとの方法は以下をご確認ください。
    保存したファイルで、再度アップロードを行なってください。
    使用ソフト Shift-JISの選択方法
    [Windows]
    Excel
    保存する際、『ファイルの種類』は『CSV』を選択してください。
    『CSV UTF-8』は選択しないでください
    [Mac]
    Excel
    保存する際、『ファイル形式』は『CSV』を選択してください。
    『CSV UTF-8』は選択しないでください
    Numbers 書き出しの際、『テキストエンコーディング』は『日本語(Shift-JIS)』を選択してください。
    Google スプレッドシート Google スプレッドシート ではShift-JIS形式で保存することはできません。
    他の表計算ソフトをご利用ください。
    各CSVファイルの作成は弊社でサポートしておりません。
    ファイル作成のための表計算ソフトはお客様でご用意お願いします

CSVファイルをShift-JIS形式で保存する

表計算ソフトを保存する際、UTF-8などの形式を選択している場合、アップロードのエラーが発生します。
ソフトによって保存方法は異なりますので下記手順をご確認ください。
本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. CSVファイルを開きます
    image06.png
    CSVファイルを開きます
  2. CSVファイルを修正したら保存します
    image06.png
    CSVの形式はShift-JISを選択してください。
    CSVでもUTF-8を利用している場合、アップロードする際にエラーが発生します。
    ソフトごとの方法は以下をご確認ください。
    保存したファイルで、再度アップロードを行なってください。
    使用ソフト Shift-JISの選択方法
    [Windows]
    Excel
    保存する際、『ファイルの種類』は『CSV』を選択してください。
    『CSV UTF-8』は選択しないでください
    [Mac]
    Excel
    保存する際、『ファイル形式』は『CSV』を選択してください。
    『CSV UTF-8』は選択しないでください
    Numbers 書き出しの際、『テキストエンコーディング』は『日本語(Shift-JIS)』を選択してください。
    Google スプレッドシート Google スプレッドシート ではShift-JIS形式で保存することはできません。
    他の表計算ソフトをご利用ください。
    各CSVファイルの作成は弊社でサポートしておりません。
    ファイル作成のための表計算ソフトはお客様でご用意お願いします

CSVファイルの数値が、表計算ソフトの設定によって変換されている

表計算ソフトの設定によって、『1.123456789』と入力したのに『1.12345E+12』のように省略される場合があります。
本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. CSVファイルを開きます
    image06.png
    CSVファイルを開きます
  2. 入力値が正しいことを確認します
    image06.png
    表計算ソフトの設定で、『1.123456789』と入力したのに『1.12345E+12』のように省略される場合があります。
    表計算ソフトの設定はこちらをご確認ください

エラーメッセージごとの対処方法

よくあるエラーメッセージごとの対処方法をまとめています。
本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
エラーメッセージ 対処方法
項目数不正(◯項目)
『2行目:項目数不正(8項目)』などが表示される場合、CSVファイルとCSVアップロード設定が不一致の可能性があります。
こちらをご確認の上、再度CSVファイルを確認してください。
・Shift-JIS以外の文字が含まれています。
・CSVのフォーマットが不正です。
CSVファイルのファイル形式が誤っています。
以下の原因が考えられます。
  • ファイルの拡張子が.csvではなく.xlsxになっている
  • 保存の際、UTF-8などの形式が選択されている
こちらをご確認の上、適切なファイル形式で保存してください。
[XXX](0:◯◯◯◯/1:△△△△)を入力して下さい。
([税区分](0:税込/1:税抜/2:非課税)を選択して下さい。など)
image06.png
数値で入力する項目に設定名称を入力しています。
CSVファイルの該当箇所を修正してください。
各項目で入力する値は以下をご確認ください。
この◯◯は既に登録されています。
(この商品コードは既に登録されています。など)
image06.png
すでに登録済みの内容が含まれています。
CSVファイルの該当箇所を別の内容に修正してください。
商品IDを変更しようとしてエラーが発生するケースがあります。
商品IDの変更はできないのでご注意ください
この◯◯はファイル内に重複して設定されています。
(この商品コードはファイル内に重複して設定されています。など)
image06.png
CSVファイルで同じ内容が複数登録されています。
該当箇所を変更もしくは削除してください。
この◯◯は存在しません。
(この軽減税率IDは存在しません。など)
image06.png
部門IDや軽減税率IDなど事前に登録されている情報を利用する箇所において、管理画面に登録されていない情報が入力されています。
例:
『この軽減税率IDは存在しません』と表示される場合、管理画面で軽減税率IDを確認し、正しいIDを入力します。
「税設定」のみのアップロードはできません。
CSVアップロード設定画面にて、「部門の税設定を使用」をアップロードする項目に追加してください。
以下2点の対応が必要です。
image06.png
『CSVアップロード設定』で『部門の税設定を使用』をCSV出力する項目に追加する
image06.png
CSVファイルに『部門の税設定を使用』の項目を追加する
追加する場合は、アップロード設定とCSVファイルの順番も一致させてください
「部門の税設定を使用」のみのアップロードはできません。
CSVアップロード設定画面にて、「税設定」をアップロードする項目に追加してください。
以下2点の対応が必要です。
image06.png
『CSVアップロード設定』で『税設定』をCSV出力する項目に追加する
image06.png
CSVファイルに『税設定』の項目を追加する
追加する場合は、アップロード設定とCSVファイルの順番も一致させてください
部門の税設定を使用する場合、商品の軽減税率IDは設定できません。
image06.png
CSVファイルの『税設定』を空欄にしてください。
『部門の税設定を使用』を利用する場合、『税設定』の項目に軽減税率IDは設定できません。
アップロードに失敗しました。
時間をおいて再度アップロードしてください。
容量の大きいファイルをアップロードした直後に、別のファイルをアップロードするとエラーが発生する場合があります。
容量の大きいファイルをアップロードする場合は複数のファイルに分けてのアップロードを推奨します。
CSVのファイル容量は10MB以内にしてください。また、推奨最大レコード数は3,500件です。
この記事は役に立ちましたか?
52人中15人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ