スマレジ・ペイメントの旧端末使用期間延長のお知らせ
詳しくはこちらをご確認ください
フォローする

デンソーウェーブ SF1-QBi の接続方法

denso01.png

SF1-QBiはワイヤレス(Bluetooth)で、QRコードもスキャン可能なバーコードスキャナーです。


主な特徴

・ 1D/2D 対応バーコードスキャナー
・ スマホ画面上のQRコードも読み取り可能
・ ちりやほこりが舞う環境や雨がかかる現場でも安心して使えます
・ マグネシウムフレーム採用により、衝撃・落下による基板や部品の歪みを軽減します
・ 軽量コンパクトサイズで扱いやすい
・ フル充電で約24時間の連続動作が可能
1Dは1次元バーコード(主にJANコード)、2Dは2次元バーコード(QRコード)のことを指します




機器名称


  1. denso02.png
    名称 内容
    トリガスイッチ バーコードを読取る際の光を出すボタンです。
    マジックキー 【電源OFF状態】
    ボタン長押し:ON

    【電源ON状態】
    ボタン長押し:端末にキーボードが表示されます
    ボタンを短く0.5秒押す:LEDランプで充電池残量の目安が表示できます

    【電池残量の目安】
    緑色で点灯:残量40%以上
    橙色で点灯:残量39%〜10%
    赤色で点灯:残量10%未満
    電池カバー 開けるとバッテリー電池が取り出せます。
    充電電極 充電ケーブルの差し口です。

接続方法

初期接続時の注意点

  • SF-QBi_03.png
    はじめてバーコードスキャナーをレジ端末とBluetooth接続する場合、接続開始前に左図QRコードをバーコードスキャナーで読み取ってください。
    QRコードの読み取り後は手順に沿って設定してください。
    Bluetooth接続後、本件QRコードの読み取りは不要です

  1. マジックキーを長押しして電源を入れます

    マジックキーを長押しして電源を入れます。起動音が鳴り、表示LED2のライトが点灯します。
    ※電源を切る場合は、トリガスイッチとマジックキーを同時に3秒以上長押しします
  2. 端末(iPadなど)のBluetoothをONにし、ペアリングします
    SF-QBi_Bluetooth_01.png

    端末(iPadなど)の『設定』から『Bluetooth』を開き、BluetoothをONにします。

    『SF1QBi-✳︎✳︎✳︎✳︎(シリアルナンバーが入ります)』のBluetoohペアリングの要求画面が表示されたら、
    『ペアリング』をでタップします。

  3. 接続を確認します
    SF-QBi_Bluetooth_02.png
    『自分のデバイス』の項目に端末名が表示され、『接続済み』になれば、接続されたことが確認できます。
    また、接続が完了するとバーコードリーダーのブザーが2回鳴ります。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ