スマレジ・ペイメントの旧端末使用期間延長のお知らせ
詳しくはこちらをご確認ください
フォローする

急な停電や、ネットワークが切れてしまった時の対応方法

スマレジは、停電やネットワーク障害などの不測の事態でも、スマレジ・アプリ内で販売業務の操作が可能です。
ただし、レシートプリンターなど周辺機器の利用に影響が出る場合があります
その際の注意点につきまして、それぞれご案内致します。

停電発生時の注意

機器 影響
レシートプリンター
停電時は使用出来ません。
また、LAN接続の場合、急な電源断によりルーターやプリンター本体のIPアドレスが変わってしまい、レシート発行が出来なくなるケースがあります。
その際は復旧後、改めてプリンターの設定が必要となります。
各機器ごとのヘルプページをご確認のうえ、設定をお願いいたします。
停電復旧時に過電圧や過電流によって機器が損傷する危険があります
(停電発生時に電源ケーブルを外し復旧後に戻していただくことをお勧めします)
一部バッテリー内蔵型の機器は使用できます
キャッシュドロア
レシートプリンターが使用できない場合は自動で開きません。
鍵を使って手動で開閉して頂く必要があります。

ネットワーク障害発生時の注意

電源は供給されている必要があります
ルーター等ネットワーク機器の不具合でオフライン状態になっている場合の各機器への影響は以下の通りです。
機器 影響
レシートプリンター
Bluetooth接続のプリンターは利用できます。
ご利用のプリンターをご確認ください。
キャッシュドロア
レシートプリンターが使用できない場合は自動で開きません。
鍵を使って手動で開閉して頂く必要があります。
バーコードリーダー
Bluetooth接続の場合は利用できます。
クレジット決済
キャッシュレス決済
利用できません。
緊急時の対応については各決済のサービス提供元へご確認ください

オフラインで販売した場合

オフライン時に販売業務を行なった場合は、取引データはサーバーに送信されません。
ネットワークの復旧後、アプリからサーバーに取引データの送信を行なってください。
未送信データの送信は、アプリの『設定 > データ管理』から可能です。

未送信データを送信していない場合は、精算時に『未送信データがあります。送信しますか?』のメッセージが表示され、こちらから送信する事も可能です。
未送信データは、管理画面での日次処理や売上分析画面に反映されません

詳しい操作方法は以下のヘルプページをご確認ください。
この記事は役に立ちましたか?
8人中6人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ