フォローする

【決済端末】スマレジ ・PAYGATEで決済した電子マネー取引をキャンセルする

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアム
    プラス
  • フード
    ビジネス
  • リテール
    ビジネス

本ページでは決済端末PAYGATE Stationで行なった電子マネー決済をキャンセルする方法についてご案内します。

電子マネーごとの取消可否と期間

電子マネー決済の取消可能な期間は種類によって異なります。
また、種類によっては取り消しができない場合もございます。
以下の表に種類ごとの違いを記載しておりますので、あらかじめご確認ください。
対象の電子マネー 取り消しの条件と期間
交通系電子マネー 決済を実行した端末でのみ取り消し可能。(条件あり)
【条件】
対象の取引が、該当端末における交通系電子マネーの最後の取引であること
取り消し対象の決済が、お客様の該当交通系電子マネーにおける最後の取引であること
交通系電子マネーは、お客様側も店舗側も直近の1件しか処理できません
直近1件以外の決済は取り消しはできないので、現金で返金するなど他の方法で処理を行なってください
iD 決済を実行した端末でのみ取り消し可能。
決済から60日以内の取引に限ります
楽天Edy 取り消しはできません。
決済の取り消しはできないので、現金で返金するなど他の方法で処理を行なってください
WAON 決済を実行した端末でのみ取り消し可能。
決済から14日以内の取引に限ります
QUICPay 決済を実行した端末でのみ取り消し可能。
決済から60日以内の取引に限ります
nanaco 取り消しはできません。
決済の取り消しはできないので、現金で返金するなど他の方法で処理を行なってください
【取引のキャンセル方法】
電子マネー決済側で取引の取り消しができない場合、スマレジ・アプリから返品の処理を行なっていただく必要がございます。
返品操作に関しては、詳細はこちらのページをご確認ください。

操作手順

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. スマレジ・アプリで取引履歴を開きます

    01.png
    【取引履歴】をタップします。
  2. キャンセルする取引を選択します

    02.png
    『月 > 日』をタップし、キャンセルする取引をタップします。
  3. 取消操作を行ないます

    03.png
    該当取引の取引明細下部に進み、【キャンセル】をタップします。

    04.png

    キャンセル方法を選択します。
    【取消】もしくは【消込レコード作成】をタップします。

    表示されない場合は、管理画面の『店舗』で該当の店舗の【レジ端末取引取消ボタン設定】をご確認ください

    取消と消込レコードに関してはこちらをご確認ください。


    05.png

    取消の確認メッセージが表示されます。
    確認の上、【はい】をタップします。

    画像は交通系ICの場合です
  4. 待機画面になります

    06.png
    スマレジ・アプリは待機画面となります。 そのまま手順に進み、PAYGATE Stationを操作します。
  5. 端末リーダーに電子マネーをかざします

    07.png
    お客様に端末リーダー部へと電子マネーをタッチしてもらいます
    画面はお客様側に向けて表示されます
  6. 完了画面が表示されます

    08.png

    完了画面が表示され、売上票が自動出力されます。

    売上票の自動出力はPAYGATE Stationのプリンター設定に関わらず行なわれます
    画面はお客様側に向けて表示されます
    【完了】をタップするとPAYGATE Stationでの処理が完了します。
  7. 確認画面が表示されます

    09.png
    『取消が完了しました』と表示されますので【OK】をタップします。
  8. 取消が完了します

    10.png
    『取引キャンセルを行いました』と表示されますので【OK】をタップします。
この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ