フォローする

スマレジの電子帳簿保存法対応

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアム
    プラス
  • フード
    ビジネス
  • リテール
    ビジネス

2022年1月1日に改正された電子帳簿保存法によって、電子取引の情報は原則紙の文書ではなく、電子データでの保存、授受が必要となりました。
スマレジは、取引情報をクラウドに保存し必要な取引情報を電子ジャーナルとして出力することで、電子帳簿保存法に対応しています。

このページでは電子帳簿保存法に則って、スマレジでできる取引データの確認や出力の方法についてご案内します。

電子ジャーナルとは

ジャーナルとは、レジが保存している売上情報を出力した書類のことを指します。
ジャーナルを電子データ化したものを、電子ジャーナルと呼びます。

ジャーナルは店舗での7年間の保管が義務付けられていますが、現在は『電子ジャーナル』での管理によって保管スペースや手間の必要がありません。

スマレジとジャーナル

スマレジでは取引履歴や精算レシートがジャーナルに該当します。
ジャーナルが必要な理由

ジャーナルは、税務申告の際に必要となる店舗の営業記録です。
税務署が行なう税務調査の際に、店舗が提出を求められます。

スマレジでは、管理画面からは電子ジャーナルを、アプリからはジャーナルを出力(印刷)できます。
税務署からの求めに応じてご活用ください。

ジャーナルの記載内容

ジャーナルには、取引日時、商品の販売履歴(商品名、単価など)、当日の売上データ(売上金額、消費税など)、支払方法別の売上金額などが記載されています。

スマレジの精算レシートだけでは補完できない項目もあるため、取引履歴などと合わせてご利用ください。

管理画面で行なう電子ジャーナルの出力

スマレジ管理画面では、店舗で発生するすべての取引情報を確認できます。
提出が必要な情報は、CSVファイル形式でダウンロードが可能です。
取引履歴をCSVで出力する方法はこちらをご確認ください。

削除済みの取引履歴について

削除してしまった取引履歴の情報も確認できます。
取引履歴一覧画面の【削除済み取引履歴一覧】から確認してください。
削除した取引の出力(CSVダウンロード)はできません

取引履歴一覧画面の【削除済み取引履歴一覧】をクリックすると、既に削除してしまった取引を一覧で表示、確認できます。
取置き一覧画面にも【削除済み取引履歴一覧】が設置されているため、削除済みの取引の確認が可能です。

アプリで行なうジャーナルの出力

スマレジ・アプリでは取引履歴の確認、取引ごとのレシート再印刷、精算レシートの再印刷などが可能です。
各レシートの詳細は以下のページをご覧ください。

過去の精算レシートを印刷する方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 再印刷したい締め処理データを選択します

    スマレジ・アプリの精算画面から『精算 > 端末 > 前回精算日』を選択し、精算月をタップします。

    『精算一覧』または『締日一覧』を選択します。

    精算一覧:実際に印刷した過去の精算レシートを再印刷できます
    締日一覧:スマレジで管理している日付(締日)ごとの売上情報を精算レシートとして再印刷できます

    再印刷する日時を選択します。

  2. 再印刷を行ないます

    表示された精算明細をスクロールして【精算情報再印刷】をタップします。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ