フォローする

会員設定

plan_smaregi_03_over_premiumplus.jpg
スマレジ・アプリの会員設定では、販売業務画面で会員情報を呼び出す方法や、絞り込みの方法、どのデータベースから呼び出すかを設定することができます。
端末で同期した情報(ローカルデータベース)と、スマレジ管理画面のリアルタイムな情報(サーバー内データ)を選択することが可能です。

ローカルデータベースから選択する場合

  1. スマレジ・アプリの設定メニューから設定>会員設定を選択すると、会員の選択方法と絞り込み方法の項目をON/OFFする画面が表示されます。
    MPPimage01.jpg
  2. 販売業務画面で会員アイコンをタップすると、ONにしている選択方法だけが表示されます。
    MPPimage02.jpg
  3. 一覧選択などで検索を行う場合、ONにしている絞り込み方法だけが適用されます。
    MPPimage03.jpg

    選択方法

    項目 内容
    コード入力 会員コードを入力して、会員情報を検索します。
    一覧選択 会員名の一覧から、会員情報を選択します。
    サーバーから検索 管理画面に登録されている情報をサーバーから直接検索します。
    ※使用するためには端末がインターネットに接続されている必要があります。
    カメラ読取 端末のカメラが起動して、会員コードを読み取ります。
    会員カードなどをご利用されている店舗でお使いいただけます。

    絞り込み

    項目 内容
    コード(番号) 会員コードを入力して絞り込みます。
    名前 会員名の漢字から絞り込みます。
    カナ 会員名のカナから絞り込みます

サーバー内データから選択する場合

  1. 会員設定の選択モードをタップし、「サーバー内データから選択」に切り替えます。
    同期した会員情報ではなく、その都度直接スマレジ・サーバーから会員情報を呼び出します。
    MPPimage04.jpg
  2. 「オフライン時の会員販売を有効にする」をONにしていると、サーバーから情報を呼び出せなかった場合も、検索時に入力した内容を会員コードとして会員販売を続行することができます。
    ※会員コード以外の情報がないまま会員販売を行うため、会員が登録されていない場合、取引情報の編集(会員の紐づけ)を行う必要があります。
    MPPimage05.jpg
    MPPimage06.jpg
    MPPimage07.jpg

ワンポイントアドバイス

会員設定の選択モードが「サーバー内データから選択」かつ
「オフライン時の会員販売を有効にする」がONだった場合


【販売時に入力した会員コードが、サーバー内に該当があった場合】
未送信データを送信した際、取引履歴に会員情報が登録され、
販売時のポイントなども正常に発生します。

【販売時に入力した会員コードが、サーバー内に該当がない場合】
端末の未送信取引には会員コードが表示されますが、サーバー送信時に消失します。
(取引履歴にも会員コードは残りません)

※ローカルモードで販売の際も、会員コードに該当があれば、サーバー送信時に自動で計算されます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください