フォローする

【仮販売】販売する取引の内容をあらかじめ登録しておく

plan_smaregi_01_all.jpg
仮販売という機能を使用することで、あらかじめ販売する商品の情報を登録しておいて、後で販売する仮販売という操作をすることができます。
例えば、洋服のお直しをするためにお客様から商品をお預かりし後でお会計をする際や、ご飲食店で注文された内容をメモとして残しておき後でお会計をする。といった際にご利用ください。

仮販売の登録をする(販売する商品を登録する)

  1. スマレジ・アイコンから『仮販売』をタップして仮販売登録画面を開きます。
    MPPimage01.jpg
  2. 仮販売を行う商品をカートインさせて『仮販売』をタップします。
    MPPimage02.jpg
  3. 仮販売が完了したら「新規仮販売」をタップして仮販売の登録を行うことができます。
    この操作を行っただけでは売上にはなりません。
    MPPimage03.jpg

登録した仮販売を販売する(お会計をする)

  1. メニューから『販売業務』をタップして販売業務画面を開きます。
    MPPimage04.jpg
  2. 販売業務画面の『オプションメニュー』をタップします。
    MPPimage10.jpg
  3. オプションメニューから【仮販売】の『一覧選択』をタップします。
    MPPimage09.jpg
  4. 仮販売で登録した商品が【仮販売一覧】に表示されます。
    お会計を行う仮販売を選択し、販売を行います。
    MPPimage11.jpg
  5. 仮販売で登録した商品がカートに入り、そのままお会計が可能です。
    MPPimage12.jpg

ワンポイントアドバイス

アプリの設定を変更することで、ボタン一つで仮販売登録されている内容を一覧で表示することができます。
アプリの『設定 > オプション設定』の画面で『仮販売一覧』をオンにしてください。

MPPimage00.jpg

ワンポイントアドバイス

仮販売登録した内容が自動削除されるタイミングを管理画面で設定することができます。
スマレジ管理画面の「設定」>「基本設定」>「基本設定」で「仮取引データの自動削除」を設定してください。
『削除しない』『午前6:00までに前日までのデータを削除する』『1年前までのデータを削除する』の中から希望する削除タイミングの選択が可能です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください