フォローする

締め日を指定して販売する

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス
スマレジでは過去の売上としてお会計を計上したい場合に、
締め日を指定し、指定範囲を最大999日前の売上として計上することが可能です。
このページでは、『締め日指定範囲設定方法』や『締め日を指定してお会計する方法』について
ご案内しています。

締め日指定範囲設定方法

  1. 管理画面から『設定 > 基本設定 > 基本設定』と開きます。
    step1.png
     
  2. 『基本設定』ページの『締め日指定範囲』で設定を行ないます。
    ※指定できる指定範囲は『0〜999日』です
    step2.png
     
  3. 指定範囲の設定が完了したら、画面下部の【更新】をクリックします。
    step3.png
     

データ同期を忘れずに

スマレジ管理画面で設定した内容をアプリへ反映する為には、
アプリのデータ同期が必要となります。
スマレジ・アプリのデータ同期方法についてはこちらをご覧ください。

締め日指定を適用する設定方法

  1. スマレジ・アプリの『設定 > オプション設定』と開きます。
    step4.png
     
  2. 『販売オプションメニュー設定』の【締め日指定】をONにします。
    step5.png
     
  3. 販売業務画面内に『締め日指定』ボタンを表示する場合は、
    『販売オプションボタン設定 > 締め日指定』をONにします。
    step6.png
     

締め日を指定してお会計する方法

  1. スマレジ・アプリの販売業務画面で【オプションボタン】をタップします。
    step7.png

    ワンポイントアドバイス

    『販売オプションボタン設定 > 締め日指定』をONにしている場合は、
    販売業務画面の【締め日指定】ボタンをタップします。

    step8.png
  2. オプション画面の【締め日指定】をタップします。
    step9.png
  3. 売上として計上したい『年・月・日』を指定し【完了】をタップします。
    ※締め日の指定は未来の日付を選択することはできません

    締め日指定をする取引に対して『メモ』が入力できます。
    設定完了後【締め日指定】をタップします。
    step10.png
  4. 通常のお会計同様に、商品をカートへ入れて【預り金 入力】をタップします。
    step11.png
  5. お支払い方法や、預り金の入力を行ない【チェックアウト(締め日指定)】をタップし、締め日を指定したお会計は完了です。
    step12.png

締め日指定会計の、清算レシートへの反映について

締め日を指定してお会計した売上金額は、指定した締め日の売上として計上されますが、
締め日指定のお会計操作を行なった日の精算レシートに含まれます。
そのため、締め日指定した売上分を含まない精算レシートを出力する場合は精算後に以下の手順で別途精算レシート出力が必要です。

スマレジ・アプリの『精算 > 前回精算日』から締め日指定のお会計操作を行なった日付を選択し、【締日一覧】に進みます。
日付をタップし、画面左手の売上情報画面下部の【精算情報再印刷】をタップし、
精算レシートを出力します。
step13.png

複数取引の締め日変更について

締め日を指定してお会計する場合は、取引をまとめて計上することはできません。
まとめて計上する場合は、締め日指定をせずお会計を行なっていただき、管理画面から
『取引履歴の締め日一括変更』を行なう必要があります。
取引履歴の締め日一括変更を行なう場合は、こちらをご覧ください。

ワンポイントアドバイス

スマレジには締め処理を自動で行なう機能が搭載されています。
締め忘れを防ぐだけでなく、作業時間の短縮に繋がりますので、ぜひご活用ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください