フォローする

iOS 14/iPadOS 14利用時の注意(ローカルネットワークの設定)

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス
iOS 14 / iPadOS 14へアップデートした場合、『スマレジ・アプリ』『ウェイター・アプリ』で特定の操作を行なった場合に、iOSの仕様により通常の挙動とは異なる現象が確認できました。

このページでは、iOS 14 / iPadOS 14へアップデートした際に発生する現象についてご案内しています。

iOS 14 / iPadOS 14で発生する現象について

iOS 14 / iPadOS 14にアップデート後、『スマレジ・アプリ』『ウェイター・アプリ』をインストールし、特定の操作を行なった場合に、以下の現象が発生する可能性がございます。

・検索および接続の許可を求めるダイアログが表示されます

「"《アプリ名(スマレジ など)》"がローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続を求めています。」といった内容のメッセージが表示されます。
表示されたダイアログの【OK】をタップすることで、ローカルネットワーク上のデバイスへ接続され、通常の操作が可能となります。
【リトライ】が表示された場合はタップしてください

・検索および接続の確認を求めるダイアログが表示されない場合があります

アプリの再インストールを行っても、ローカルネットワークの設定がリセットされず、確認のダイアログが表示されないiOS側の不具合が発生しています。
local.png

現象が発生する特定の操作について

iOS 14 / iPadOS 14へアップデートし、以下の特定の操作を行なった場合に発生します。


レジ端末と接続する周辺機器との操作で発生します

対象:スマレジ・アプリ

[対象操作]
◆Ethernetタイプのプリンターでレシートを印字する
Ethernetタイプのプリンターからお会計レシートなどを印字した際に発生します。

◆カスタマーディスプレイ(DM-D30)へ送信する(EPSON)
EPSON社製のカスタマーディスプレイ(DM-D30)を利用している場合は、 カスタマーディスプレイへ金額が送信(表示)されるタイミングで発生します。

◆バーコードスキャナーを接続する(EPSON)
EPSON社製のバーコードスキャナーを利用している場合は、 『設定 > プリンター設定』で『バーコードスキャナーを利用する』がONとなった状態で、 販売業務画面を起動した際に発生します。


◆カスタマーディスプレイ/バーコードリーダーを接続する(スター精密)
スター精密社製プリンター、『mC-Print』シリーズのEthernetタイプをご利用の際、カスタマーディスプレイもしくはバーコードリーダーを接続してご利用する際に発生します。

WaiterBoxモードへ切り替え時の操作により発生します

対象:スマレジ・アプリ / ウェイター・アプリ

[対象操作]
◆『サーバーを探索』または『IPアドレス』の入力操作により発生します
WaiterBoxモードへ切り替える際の『サーバーを探索』または『IPアドレス』を入力し、 アプリへログイン後に店舗のデータ同期を行なったタイミングで発生します。
box.png

プリンターの印字操作で発生します

対象: ウェイター・アプリ

[対象操作]
◆ウェイター・アプリからレシートを印字する操作により発生します
ウェイターでキッチン伝票や会計伝票などレシートを印字するタイミングで発生します。

注意が必要な操作について

iOS14/iPadOS14へアップデートし発生した『ダイアログ表示』で【許可しない】をタップした場合、
現象が発生する特定の操作に対して『接続エラー』となります

接続エラーとなった場合は、以下の手順でローカルネットワークをONにする必要がありますのでご注意ください。

 操作手順 



『設定』アプリを起動します
 ローカルネットワークの設定を行なうアプリを選択します
『ローカルネットワーク』をONにします

現象発生時に行なう操作

表示されたダイアログの【OK】をタップすることで、ローカルネットワーク上のデバイスへ接続され、通常の操作が可能となります。
【リトライ】が表示された場合はタップしてください
local.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ