フォローする

レジ締めの方法を決める

 
main.png

営業終了後、1日の売上をまとめるレジの締め処理作業。
スマレジは、複数の締め処理方法や設定をご用意しています。
お客様の店舗に適した締め処理方法でレジ締めを行ない、効率的な店舗運営にご活用ください。
このページではスマレジで利用できる多彩な締め処理方法の中から、お客様の希望に沿ったレジ締め作業のご案内ページへと誘導いたします。
 
 

お客様の運用方法を選んでください

 
auto2.png auto1.png
self2.png self1.png
drawer2.png drawer1.png
parent2.png parent1.png
 
クリックすると、各運用方法ごとの解説をご覧いただけます。
 
 
 
 

効率的なレジ締め作業/締め忘れが発生しない

自動締め処理【推奨】
レジ締め作業は、店舗運営の中でも重要かつ時間のかかる業務です。
忙しさから、スタッフがうっかり売上を締め忘れてしまうなんてトラブルも考えられます。

スマレジが推奨する『自動締め処理』なら、営業中、お会計が発生するごとにスマレジが自動的に取引の締めを実行してくれます。
そのため、売上はリアルタイムで管理画面に反映。
締め忘れのミスは絶対に発生しません。
 

こんな方にオススメです

・レジ締めにかかる時間を短縮したい
・スタッフの手間を効率化したい
・リアルタイムでスマレジの売上分析を確認したい
 
 
 
 
 

責任を持ったレジ締め作業/一日の売上は自分で計上したい

手動締め処理
レジ締め作業は、店舗の売上を計上する重要な業務です。
精算から締め処理、現金管理まで、全て自分の手で責任を持って完了したい。

スマレジの『手動締め処理』は、精算で1日の売上をまとめて、締め処理実施でサーバーへ計上。
現金管理も含めたすべてのレジ締め作業をご自身で行ないます。
 

こんな方にオススメです

・売上を責任を持って計上したい
・売上が計上される流れを把握して運用したい
 
 
 
 
 

店舗に複数のレジがある/各レジごとに売上を管理したい

キャッシュドロア登録
店内に複数の売場/レジが存在する店舗で、売上が混ざって欲しくない、レジごとに売上や現金を管理したい。
そんな運用を希望されるお客様には『キャッシュドロア登録』がオススメです。

管理画面で登録したキャッシュドロアとレジ端末を紐づけることで、店舗の売上を確認する日次処理画面に各キャッシュドロアごとのページを追加することができます。
キャッシュドロごとの売上や現金管理はもちろん、すべてのレジを合算した売上情報もかんたんに確認することが可能です。
 

こんな方にオススメです

・店舗に複数のレジがある
・レジごとに売上を管理したい
 
 
 
 
 

店舗に複数のレジがある/売上をまとめて管理したい

レジ端末の親子設定
店内に複数の売場/レジが存在する店舗で、すべてのレジの売上を店舗としてまとめて管理したい。
そんな運用を希望されるお客様には、レジ端末の『親子設定』がオススメです。

レジ端末同士を親子として紐づけることで、一度のレジ締め作業で店内の全てのレジの締め作業を済ませることができます。
 

こんな方にオススメです

・店舗に複数のレジがある
・すべてレジの売上をまとめて管理したい
・レジごとの締め作業を省いて効率化したい
 
 
 
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ