フォローする

スター精密 mC-Print3をEthernet接続で使用する

レシートプリンター mC-Print3を、Ethernet接続でお使い頂く場合の設定方法についてご案内します。

配線方法

mC-Print3の配線方法については、以下のヘルプサイトをご覧ください。
mC-Print3の配線方法

mC-Print3をBluetoothで接続する

mC-Print3のBluetooth接続方法については、以下のヘルプサイトをご覧ください。
mC-Print3のBluetooth接続方法

mC-Print3にEthernet接続用のIPアドレスを設定する

Ethernet接続とは

Ethernetケーブル(ここでは一般的にLANケーブルと呼ばれるタイプのものを指します)を使用して有線接続を行なうことです。
詳細については以下のページをご参照ください。
mC-Print3の機器詳細情報

設定開始前にレジ端末(iOS端末)のWi-Fi設定を控えておく

プリンターの設定を行なう際に、ご利用中のiOS端末のWi-Fi設定を変更していただく必要があります。
設定完了後、元の接続設定へ戻すため、変更する前の情報を保存しておきます。

レジ端末(iOS端末)の『設定アプリ』を起動し、『Wi-Fi』を選択します。
Wi-Fi設定の詳細画面が表示され、【IPV4アドレス】項目に現在のネットワーク接続情報が記載されています。
【IPアドレス】【サブネットマスク】【ルーター】の各項目の数値をメモなどで控えてください。

iOS画面のスクリーンショットや、画面をスマートフォンで撮影するなどでもかまいません。控えていただいた接続情報は後ほど必要になります。
image03_mCprint3.png

 

  1. プリンター本体の電源ボタンをOFFにし、フィードボタン(紙送りボタン)を長押ししながら電源ボタンをONにします。
    image01_mCprint3.png
  2. プリンターから下記画像のような用紙が印字されます。
    (『セルフ印字』というプリンターの設定を確認するための機能です) 
    記載されている『IP Address』の値を控えてください。
    image04_mCprint3.png

    初期IPアドレスの取得について

    mC-Print3は初期設定はDHCPからのIPアドレス自動取得設定になっています。
    これはLANケーブルでルーターなどと配線された際にネットワークアドレスを自動で取得し、割り当てを行なう機能です。
    そのため、セルフ印字の際に現在取得している有効なIPアドレスが記載されます。
    ただし、DHCPを利用した自動取得設定のままでは一定期間や電源OFF/ONのタイミングなどで割り当てのIPアドレスが変更されます。スマレジのレシート印刷機能を正しく利用するためIPアドレス固定の設定を行なう必要があります。
  3. iPadのsafariを開き[手順2]で控えたIPアドレスを検索します。
    image05_mCprint3.png
  4. プリンターの管理画面が開きます。
    左部のメニューから『Login』をタップします。
    image06_mCprint3.png
  5. ログイン名とパスワードを入力します。
    以下に、記載されたログイン名とパスワードを入力し、『ログイン』をタップします。
    ログイン名:root
    パスワード:public
    image09_mCprint2.png
  6. ログイン情報の変更に関する確認が表示されますが、基本的には【キャンセル】を選択していただいて問題ありません。
    ※【OK】を選択すると、ログイン情報の変更が行なえます
    image08_mCprint3.png
  7. 次に、左部のメニューから【IP Parameters】をタップし、
    【Static】を選択し、【IP Address】の設定を行ないます。
    入力後、【Submit】をタップします。
    image09_mCprint3.png

    項目名 内容
    IP Address 設定開始前に控えたiOS端末のIPアドレスを参照し、最後の3桁だけ変更します。
    例:192.168.1.【200】の200部分
    ※変更する数値は『200〜225』の範囲で指定してください
    Subnet Mask 【255.255.255.0】と入力します。
    設定開始前にレジ端末(iOS端末)のWi-Fi設定を控えておく
    Default Gateway 設定開始前に控えたios端末のルーター項目と同じ数値を入力します。
    設定開始前にレジ端末(iOS端末)のWi-Fi設定を控えておく
  8. 設定の保存を行ないます。
    左部のメニューから【Save】を開き、『Save → Configuration printing → Restart device』を選択し、【Exucute】をタップします。
    image13_mCprint2.png

スマレジ管理画面の印刷設定

  1. スマレジ管理画面の『店舗 > 店舗一覧 > 該当店舗』と選択し、店舗の詳細画面を表示します。
    image012_mCprint3.png
  2. 【端末の設定】を選択し、プリンターを使用する端末を選択します。
    image013_mCprint3.png
  3. 端末の詳細設定を行なう画面が表示されます。
    【プリンタ】項目に端末を設定したIPアドレスを入力します。(例:192.168.1.200)

    レジ端末が複数あり、プリンター1台で複数台分のレシート出力する場合、この【プリンタ】項目の数値を同じIPアドレスで設定してください。

    入力が完了したら画面下部の【更新】をクリックします。
    image18_mCprint2.png

    ワンポイントアドバイス

    【仮販売プリンタ】と【引換券(控え)プリンタ】を設定することができます。

    【仮販売プリンタ】
     仮販売時のレシート出力プリンタを設定することができます。
    【引換券(控え)プリンタ】
     引換券(控え)を出力するプリンタを設定することができます。
  4. 管理画面で設定完了後は必ずスマレジ・アプリで『データ同期』を行なう必要があります。
    スマレジ・アプリの『設定 > データ管理 > 店舗』をタップし、データ同期を行ないます。
    image20_mCprint2.png

スマレジ・アプリのプリンター設定を変更する

  1. スマレジ・アプリの『設定 > プリンター設定 > 使用プリンタ』を開きます。
    image08_mCprint2.png
  2. 『スター精密 mC-Print3(Ethernet)』を選択します。
    これでプリンターが使用できる状態となります。
    image016_mCprint3.png

レジ端末が所属しているネットワークについて

レジ端末(iOS端末)が所属しているネットワーク(接続しているWi-Fi)がプリンターが接続されているネットワークと異なる場合、印刷が行なえません。

ルーターの交換を行なった場合や、別店舗で使用する場合などはIPアドレスの設定を再度行なっていただく必要があります。

ルーター交換や店舗などを変更していないのに接続できなくなってしまった場合は、レジ端末のWi-Fi設定を確認し、別のネットワークに繋がってしまっていないかご確認ください。

ワンポイントアドバイス

mC-Print3はLightningケーブルを使用してレジ端末(iOS機器)と有線接続できます。
※Lightning端子のないiOS端末の場合は動作しません。

◆接続方法
①mC-Print3の背面部の『iPad』と記載されたUSB端子とLightning端子を接続します。
image019_mC-Print3.png
②スマレジ・アプリの『設定 > プリンター設定 > 使用プリンタ』を開き、『mC-Print3(Bluetooth)』を選択します。
image08_mCprint3.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください