スマレジ・ペイメントの旧端末使用期間延長のお知らせ
詳しくはこちらをご確認ください
フォローする

スマレジ・Uber Eats LINKの利用方法

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

スマレジ・アプリマーケットで購入できる『スマレジ Uber Eats LINK』は、 スマレジPOSと連携することができるアプリです。
Uber Eatsから受けた注文内容を自動的にスマレジへ、取引履歴として売上を立てることができる機能となります。

このページでは、スマレジ Uber Eats LINKの利用方法についてご案内します。

利用時に必要な物

Uber Eats LINKを利用するには、Uber Eatsとの契約が必要です。
Uber Eatsとの契約が完了した状態でのみ連携することが可能です。

スマレジからUber Eats契約はできません


Uber Eatsの契約については以下のサイトをご参考ください。

スマレジ Uber Eats LINKで利用できる機能

Uber Eats側で注文を受けると、自動的にスマレジへ売上が連携し、取引履歴を立てることができます。
Uber Eatsでの売上を再度スマレジへ立てる手間が省けるため、レジ作業を軽減することが可能です。
その他、スマレジ Uber Eats LINKで利用できる機能は以下の通りです。

・売上連携(Uber Eats→スマレジへ売上を自動的に連携します)

・店舗連携(スマレジとUber Eatsの店舗情報を連携します)
・メニュー連携(スマレジとUber Eatsのメニュー情報を連携します)

『スマレジ Uber Eats LINK』の購入方法

スマレジ Uber Eats LINKは、スマレジPOSと連携して利用するアプリです。
スマレジ管理画面の『スマレジ・アプリマーケット』から購入することが可能です。
アプリマーケットでアプリ名の検索をすることで、スムーズに購入することができます

連携アプリの購入方法について、詳しくは以下のヘルプページをご覧ください。

『スマレジ Uber Eats LINK』の購入価格について

スマレジUber Eats LINKを利用するには、スマレジ・アプリマーケットでアプリの購入が必要となります。
購入価格に対して利用台数が異なります。

■プラン
・1~2店舗プラン:200 call / hour
・3~6店舗プラン:300 call / hour
・7~10店舗プラン:400 call / hour

プランごとの料金については以下のページをご覧ください。

店舗の連携設定

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 『Uber Eats LINK』の設定画面を開きます

    管理画面にて、【サービスメニュー】をクリックし、『Uber Eats LINK』を選択します。
  2. 『Uber Eats LINK』の連携を行ないます

    スマレジアプリと、Uber Eats LINKの連携画面で、【許可する】をクリックします。
  3. 『Uber Eats LINK』を連携する店舗を選択します

    接続設定画面にて、連携したい店舗の【設定】をクリックします
  4. 連携先Uber Eatsのお客様情報を設定します

    お客様情報を入力し【保存して次に進む】をクリックします。

    遷移先のGoogleフォームで必要情報を入力します。

    複数店舗で連携する場合は、他店舗も同様に設定します。


    入力の項目については以下の表をご覧ください。
    項目名 詳細
    申請者名 Uber Eatsとスマレジ連携を行なう申請者名を入力します。
    Uber Eats店舗名 Uber Eats管理画面に登録された店舗名を入力します。
    Uber Eats
    アカウントメールアドレス
    Uber Eatsアカウントのメールアドレスを入力します。
    Uber EatsレストランマネージャーURL

    Uber Eats管理画面に登録されたレストランマネージャーURLを入力します。

    Uber Eats管理画面を開いた際のURLをコピーし、連携画面でペースト(貼り付け)します。
    ※下記画像の赤枠にあるURLがレストランマネージャーURLです

    restaurant.png

連携完了までの注意点

スマレジとの連携には、Uber Eats側で承認が必要となります。
承認には最大1週間お時間がかかります。
1週間経過しても連携ができていない場合は、スマレジサポート窓口までお問い合わせください。

サポート窓口:support@smaregi.jp

商品の連携設定

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 『スマレジ Uber Eats LINK』の商品連携設定画面を開きます

    『スマレジ Uber Eats LINK』を起動します。

    連携する店舗の【連携設定】をクリックします。

  2. 商品連携設定画面を行ないます

    Uber Eatsの商品に対し、連携するスマレジの商品を選択します。
    『商品コード』または『商品名』を入力することで、商品候補がドロップダウンで表示されます。

商品連携時の注意点

スマレジとUber Eatsで異なる商品を連携設定してしまうと、正しい売上を連携することができません。
商品名や商品価格が一致していることを確認してください。

支払方法と連携設定

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. Uber Eatsで売上げた取引の支払方法を設定します

    『スマレジ Uber Eats LINK』を起動します。

    接続設定画面にて、Uber Eatsで売上げた取引の支払方法を選択します。
    選択する支払方法は、スマレジで登録されている支払方法です

    スマレジに支払い方法の登録する

    Uber Eatsで注文を受けた取引専用の支払い方法を指定する場合は、別途スマレジ管理画面から支払い方法の登録を行なってください。
    支払い方法の登録について、詳しくは以下のヘルプページをご覧ください。
  2. 連携設定を有効にします

    連携設定をクリックし『有効』に設定します。
    ボタンが緑色が有効の状態です。
    支払方法の選択を行なうことで、有効状態とすることができます。

利用方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. Uber Eatsの注文受付画面を起動し、新規受付け画面をタップします

  2. 新規注文内容を確認し、調理・配達員への受け渡しなどを行ないます

  3. Uber Eatsで注文を受付けた時点で、自動的にスマレジへ取引(売上)が立ちます

    連携設定後は、自動的に連携した取引が立つため、Uber Eatsからの注文内容はスマレジ画面を立ち上げる必要はありません。

注意してください

Uber Eats LINK設定画面で指定した『支払い方法』がスマレジ側で削除、または店舗の紐付きを解除した場合、 正常に売上が連携せず連携失敗となります。
Uber Eats LINK設定で指定した支払い方法を変更する場合にはご注意ください。

ワンポイントアドバイス

  1. Uber Eats LINK設定画面の『連携結果』内容をクリックすることで、連携に成功・失敗した取引を確認することが可能です。

    連携設定ミスによって正常に連携できなかった場合は、後ほどスマレジ側で失敗分の取引をお会計してください。

Q&A

UberEats発注時に発生するプロモーション(≒値引)はどう取り込まれますか?

取引履歴の『注文メモ』欄に、プロモーション金額が表示され、 小計値引きに反映されます。

Uber Eatsの売上はどのレジ端末の売上として連携されますか?

自動作成される架空の端末ID「99999999」の売上として取り込まれます。

自動作成される架空の端末IDで取り込まれるため、登録しているレジ端末の売上には取り込まれません。
そのため、『端末別売上』で売上分析を確認する場合は端末ID「99999999」がUber Eatsの売上として確認することができます。

Uber Eatsでキャンセルが発生した場合はどのように連携されますか?

店舗側が新規受付前に、注文者がWebまたはアプリでキャンセルした場合は、スマレジには連携されません。

店舗側が新規受付後に、店舗側がキャンセルした場合は、すでにスマレジに売上が連携されているため、返品(取引キャンセル)の取引が自動作成されます。

精算レシートへUberEatsの売上を印字できますか?

精算レシートへの印字はできない仕様となっております。

架空の端末ID「99999999」の売上として計上されるため、精算レシートへUberEatsの売上を印字することはできません。
管理画面の『日報』で売上を確認することができるため、日報を印刷することでご対応ください。
日報の確認方法について、詳しくはこちらのヘルプページをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ