スマレジ・ペイメントの旧端末使用期間延長のお知らせ
詳しくはこちらをご確認ください
フォローする

スター精密 TSP650II

printer-tsp650ll.png

スター精密 TSP650II

充実の機能を装備しながらローコストを維持、高いコストパフォーマンス。
レジはもちろん、キッチンプリンターとしても活用できるプリンターです。
キッチンプリンターは無線接続(Bluetooth接続)でご利用できません
 

特長

  • TSP650IIは無線接続(Bluetooth接続)有線接続(Ethernet接続)2種類の機種があります
  • スター最速の最大300mm/秒の高速印字
  • オプションのブザー、防滴カバーはキッチン用途に便利

仕様

ボディーカラー ホワイト/グレー
ボディーサイズ 142(W) × 203.5(D) × 132(H)mm
用紙幅 80mm
印刷速度 最大300mm/秒
インターフェイス USB、シリアル、パラレル、LAN、Bluetooth
質量 約1.6kg

help-asset-star.png 接続方法

help-asset-red.png 設置場所について

次のような場所にはプリンターを設置しないでください。
感電や火災の原因になることがあります。

  • 漏電や漏水の危険がある場所
  • 火気の周辺、直射日光が当たる場所、または熱気のこもる場所
 
 

LAN(Ethernet)接続とBluetooth接続の違いとは?

 

LAN(Ethernet)接続とは

LANケーブルを使用して有線接続を行ないます。
安定接続が望めますが、ケーブル配線の取り回しなどが必要です。
複数のレジ端末を1台のプリンターで使用するには、店内の配線工事やケーブルの準備が必要ですが、複数のレジ端末を1台のプリンターで使用することができます。(Bluetoothでは複数レジを1台のプリンターでは使用できません)
利用の際は、ルーターやケーブルの状態に影響を受けます。

Bluetooth接続とは

レジ端末(iPad)とプリンターの無線接続を行ないます。
ケーブルを使用しないため設置が容易ですが、レジ端末とプリンターは接続した機器同士しか通信ができないため、 1端末につき1プリンターの接続となります。
店内ネットワークの影響は受けませんが、電子レンジや防犯カメラなど、強い電磁波を発生させる機器の影響を受けて接続が不安定になることがあります。
 
TSP650IIは、『無線接続(Bluetooth接続)』と『有線接続(Ethernet接続)』の2種類の機種があります

ワンポイントアドバイス

さらに詳細な情報はスター精密のメーカーページにてご確認ください。

プリンターの購入はこちらのページから行なえます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ