フォローする

クーポン機能を設定する

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス
クーポンを利用するためには、スマレジ・管理画面でクーポン利用の設定を行なう必要があります。

クーポンを利用する設定に切り替えてから、スマレジ・アプリで店舗同期を行なうことでクーポンを利用した販売が可能となります。

また『クーポンコード接頭辞』を設定することで、バーコードを読み取るだけで取引にクーポンを適用させることが可能です。
クーポンコード接頭辞とはクーポンコードの前に入る英数記号のことを言います


クーポンの登録

クーポンを使って販売を行なうためには、あらかじめ店舗で利用するクーポンの内容を登録しておく必要があります。
クーポンの登録方法の詳細については、以下のヘルプページをご覧ください。

スマレジ・管理画面のクーポン設定

  1. スマレジ・管理画面の『設定 > 基本設定 > 基本設定』を開きます
    ...
  2. 基本設定でクーポンに関連する項目を設定します
    ...
    項目 内容
    クーポンを利用する 販売時にクーポンを利用するかを設定します
    「利用する」に設定後、店舗の同期を行なうとスマレジ・アプリの販売画面に『クーポン』項目が表示されます
    クーポンコード接頭辞 通常の販売業務時に「クーポンコード接頭辞」から始まるコードを読み取った際、クーポンとして認識します
    バーコードリーダーご利用時、商品とクーポンを続けて読み取る場合に設定します
    クーポン設定時、『クーポンコード接頭辞』で登録した文字列から開始するコードで登録する必要があります
    半角英数記号10文字まで登録可能です
    クーポン利用時はデータ送信を必須にする クーポンの外部連携用設定です
    クーポンを外部連携でご利用の場合、販売時にデータ送信を行い、外部サーバーと通信を行う必要があります
    『クーポン利用時はデータ送信を必須にする』を「必須にする」で設定した場合、ネットワークエラーなどで通信が確認できなかった取引は完了できなくなります
    (エラー発生時はその旨のエラーが表示されます)
    glftee連携をご利用の場合は「必須にする」で設定されます
  3. 『更新』をクリックして設定は完了です。
    ...

    スマレジ・アプリで店舗同期を行なう

    『クーポンを利用する』を「利用する」に設定するだけでは、クーポンを使った販売を行うことはできません。
    設定を完了したら、必ずスマレジ・アプリで店舗情報の同期を行なってください。
    同期後にはじめて販売画面に『クーポン』の項目が表示されます。

    同期の方法については以下のヘルプページをご覧ください。

    『クーポンコード接頭辞』の使い方

    本来スマレジでクーポンを利用するためには、販売画面の『クーポン』をタップしてから、クーポンのシリアル番号を入力する必要があります。

    『クーポンコード接頭辞』は、クーポンのシリアル番号と共通した文字列を登録しておくことで、販売画面の商品選択時にバーコードを読み取るだけでクーポン内容を取引に反映させることができる機能です。 『クーポンコード接頭辞』を活用することで、クーポンを利用する販売操作を手早く行なうことができます。

    《例》
    『クーポンコード接頭辞』を「AABB-」に設定した場合、登録するクーポンのシリアル番号はすべて「AABB-」から開始するように登録してください。

    AABB-0001、AABB-0002、AABB-0003…
この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ