フォローする

EPSON TM-M30Ⅱ-S

image01.jpg

EPSON TM-m30Ⅱ-S

TM-m30Ⅱ-Sは、本体にタブレットを装着できるプリンターです。
プリンターとタブレットスタンドの役割を同時にこなすので、店舗の省スペース化に役立ちます。
また、タブレットを装着すればセルフオーダーの端末としてもお使いいただけます。
 

特長

  • 無線接続(Bluetooth接続)有線接続(Ethernet接続)のどちらでも接続が可能
  • 正面に操作用タブレット、背面にディスプレイの装着が可能
  • マルチインターフェイスと豊富なUSBポート。iPadはネットワークテザリングも可能
  • ACアダプターを本体に収納、設置環境もスッキリ
  • 盗難防止対策のためのセキュリティースロットを用意

仕様

ボディーカラー ホワイト/ブラック
ボディーサイズ 140(W) x 214(D) x 255(H)mm
用紙 80/58mm
印刷速度 最大250mm/秒
インターフェイス USB、有線LAN、無線LAN、Bluetooth
質量 約2.9kg (ACアダプターを含む)

help-asset-star.png 接続方法

配線や接続の詳しい内容は以下のページをご覧ください。

help-asset-red.png 設置場所について

次のような場所にはプリンターを設置しないでください。
感電や火災の原因になることがあります。

  • 漏電や漏水の危険がある場所
  • 火気の周辺、直射日光が当たる場所、または熱気のこもる場所
 
 

LAN(Ethernet)接続とBluetooth接続の違いとは?

 

LAN(Ethernet)接続とは

LANケーブルを使用して有線接続を行ないます。
安定接続が望めますが、ケーブル配線の取り回しなどが必要です。
複数のレジ端末を1台のプリンターで使用するには、店内の配線工事やケーブルの準備が必要ですが、複数のレジ端末を1台のプリンターで使用することができます。(Bluetoothでは複数レジを1台のプリンターでは使用できません)
利用の際は、ルーターやケーブルの状態に影響を受けます。

Bluetooth接続とは

レジ端末(iPad)とプリンターの無線接続を行ないます。
ケーブルを使用しないため設置が容易ですが、レジ端末とプリンターは接続した機器同士しか通信ができないため、 1端末につき1プリンターの接続となります。
店内ネットワークの影響は受けませんが、電子レンジや防犯カメラなど、強い電磁波を発生させる機器の影響を受けて接続が不安定になることがあります。
 
TM-m30Ⅱ-Sは『無線接続(Bluetooth接続)』と『有線接続(Ethernet接続)』のどちらでも接続することができます

ワンポイントアドバイス

さらに詳細な情報はEPSONのメーカーページにてご確認ください。

プリンターの購入はこちらのページから行なえます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ