フォローする

棚卸の操作手順 (棚卸フロー『入力完了を利用する』を選択した場合)

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス
棚卸の操作手順は、棚卸の設定で選択した『棚卸フロー』によって変わります。
このページでは、棚卸フロー『入力完了を利用する』を選択した場合の棚卸の手順、注意事項、推奨設定についてご案内します。

棚卸のステータス管理

棚卸フロー『入力完了を利用する』を選択した場合は、棚卸の際にステータスの切替管理ができるようになります。
ステータスは『棚卸中 > 入力完了 > 棚卸完了』の順に管理が可能です。

【ステータスの内容】
棚卸中
店舗スタッフが在庫数を数える段階のステータスです。
入力完了
管理者が入力された情報や差異を確認する段階のステータスです。
再度ステータスを棚卸中に戻すことが可能です。
棚卸完了
棚卸業務が完了した段階のステータスです。
完了後はステータスを戻すことができなくなります。

棚卸の設定

棚卸を行なう前に、現在の棚卸の設定を確認してください。
スマレジでは、棚卸の設定を組み替えることでお客様の運用に最適な棚卸をカスタマイズすることができます。

棚卸の設定の詳細については、以下のページをご覧ください。 【棚卸の設定】
スマレジ管理画面の『設定 > 基本設定 > 在庫管理設定』の『棚卸設定』で、各項目の設定を行なってください。


棚卸手順

  1. 新規棚卸の作成を行ないます。
    『棚卸日』『棚卸店舗』『対象部門』を登録し、棚卸IDを作成します。
    棚卸数量のカウントから完了まで、棚卸IDの中で管理を行ないます。

    新規棚卸の作成方法については、以下のページをご覧ください。
  2. 棚卸IDを作成したら、商品を数えて棚卸数量を入力します。

    棚卸数量の入力方法

    棚卸数量の入力には複数の方法があります。
    『アプリでの入力』『管理画面での入力』『CSVアップロードでの入力』から、お客様の運用に合う方法をお選びください。

    各入力方法については、下記のページをご覧ください。

    自動追従(推奨)

    自動追従とは、数えた棚卸数量に対して、その後に発生した在庫数の増減を自動的に反映させることができる機能です。

    『入力完了を利用する』を選択した場合には、自動追従を利用することをオススメします。
    棚卸のステータス管理に加えて、自動追従機能を利用することで、スマレジの棚卸を最大限に活用することができます。

    自動追従機能の利用により、日付をまたいで棚卸数量を数える必要のある大規模店舗の棚卸や、営業中に棚卸数量を数えなければいけない棚卸にも対応が可能です。

    自動追従機能の詳細については棚卸の設定をご確認ください。

    【自動追従の注意点】
    自動追従の設定が『利用する』になっていても、以下の条件下では棚卸数量に対する自動追従が行なわれません。
    棚卸中に、在庫処理(入出荷、店間移動など)の検品日のみを変更して更新した場合
    設定した『棚卸日』の日付を過ぎている
  3. 棚卸数量の入力後、ステータスを「入力完了」へ変更します。
    棚卸ID画面で『入力完了』ボタンをクリックします。
    『入力完了』へのステータス変更後は棚卸数量を入力できなくなります
    ...
  4. 入力完了へのステータス変更後、在庫数と棚卸数量の差異を確認し、差異が発生する場合、その原因を追求します。
  5. 差異の追求が完了し、棚卸数量に間違いがないことを確認したら、棚卸を完了します。
    ...
    棚卸完了は、棚卸作成時に指定した『棚卸日』まで実行できません。
    『棚卸日』以降から、棚卸完了ボタンをクリックできます。
  6. 棚卸が完了すると、完了時の棚卸数量が商品の在庫数へ絶対値で更新されます。

棚卸完了前の状態には戻れません

『棚卸完了』を行なうと、完了時の棚卸数量が完了後の在庫数として確定します。
棚卸を完了する前の状態には戻すことはできませんので、必ず確認の上行なってください。

差異が発生する場合(原因の追究)

スマレジでは差異の確認、および原因を追求する機能が複数あります。
原因の追究方法の一例をご案内します。

  1. 棚卸ID画面で在庫数と棚卸数量の差異が表示されます。
    検索条件を指定することで、差異が発生している商品だけを表示できます。
    ...
    棚卸ID画面の検索条件についてはこちらをご確認ください。
  2. 次に『在庫変動履歴』を確認します。
    棚卸に影響する在庫変動履歴を確認し、差異の原因を追求してください。

    商品ごとの在庫変動履歴を確認する方法についてはこちらをご確認ください。
  3. 次に『入力した棚卸数量』を確認します。
    棚卸の更新履歴には、いつ、どの商品が棚卸入力されたのか記録が残っています。
    更新履歴を確認することで、同じ棚番を二回入力しているなど、入力した棚卸数量の間違いを追究することができます。

    棚卸の更新履歴を確認する方法についてはこちらをご確認ください。

    ワンポイントアドバイス

    棚卸明細や棚卸差異表を利用することで、 数える商品を確認しながら作業できます。
    ...
    棚卸明細、棚卸差異表の説明についてはこちらをご確認ください。

『入力完了を利用する』場合の推奨設定

棚卸フロー『入力完了を利用する』を選択するのであれば、自動追従機能を設定することをオススメします。
在庫変動の情報が棚卸に反映することで、現在の在庫数を正確に把握しながら差異の確認を行なうことができます。

【推奨する棚卸設定】
棚卸基準:計上日
自動追従:利用する

取置在庫取扱:どちらでも可(運用に合わせて設定してください)
マイナス在庫での棚卸完了:どちらでも可(運用に合わせて設定してください)
棚卸差異計算式:どちらでも可(運用に合わせて設定してください)

その他の棚卸フローでの手順

『利用しない』を選択している場合
> 棚卸フロー『利用しない』で行なう棚卸の手順
『調整中を利用する』を選択している場合
> 棚卸フロー『調整中を利用する』で行なう棚卸の手順
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ