フォローする

【スマレジ】リテールビジネスプランの紹介

 

リテールビジネスプランは、詳細な在庫管理もできる数多くの機能を備えたプランです。
パスポートの読取り、国税庁への電子データ送信など、免税販売に必要な機能を備えています。
このページでは、リテールビジネスプランの機能を紹介します。

 
月額 ¥12,000 対象業種 詳細な在庫管理を行う小売・アパレル
 
 
 
 

こんな方にオススメです

 
 
 
 
 

こんなことができます

 

リテールビジネスプランでは、商品の在庫数や動きを正確に把握するための高度な在庫管理機能を利用することができます。免税販売については2021年10月以降には必須となる、免税販売手続きの電子化にも対応しています。
豊富な機能の中から『棚卸』『在庫変動履歴』『在庫履歴集計』『免税販売対応』をご紹介します。
その他にも、多彩な機能をご用意しております。詳細はこちらをご覧ください

 

棚卸

棚卸を行なうことで、店舗内の商品の在庫数を確認し、現在の資産を把握することができます。
理論在庫(本来店舗にあるはずの商品数)と実際の在庫数に差異が発生している場合は、その原因を調査・把握する必要があります。スマレジで行なう棚卸では、多くの機能により店舗の正確な資産把握や原因追及を実現できます。
 
3.png
進捗状況を把握しつつ、商品の棚卸を進めることができます。
 
 

在庫変動履歴

販売や入出荷、店舗間移動など、スマレジ上で発生するすべての在庫変動情報は、在庫変動履歴に記録されています。在庫の動きを時系列で確認し、不足や超過の原因を調べることで不明な資産の損失を防ぐことができます。
店舗ごと、商品ごとの情報を抽出することも可能です。
 
4.png
詳細な在庫の動きを把握することができます。
 
 

在庫履歴集計

在庫履歴集計では、期間を指定して商品の在庫変動処理(売上・仕入・ロスなど)ごとに在庫数、原価合計金額を確認することができます。
『特定の日付のある商品の在庫数を確認したい』『セール期間の在庫数や金額の動きを集計したい』という店舗管理の上で必要な情報を抽出することを可能とする機能です。
 
5.png
商品ごとの在庫変動数と原価合計を併せてみることができます。
 
 

免税販売対応

免税販売自体は下位のプランでも可能ですが、リテールビジネスプランでは免税販売時の購入記録情報のデータ送信(電子化)や、免税帳票印刷(2021年9月まで可能)にも対応しています。
購入記録情報は7年間の保存義務がありますが、スマレジは管理画面で自動的に保存。
国税庁からの提出指示がある場合にも、CSVダウンロードで対応が可能です。
 
6.png
簡単な設定と操作で免税販売に対応することができます。
 
 
 
 

将来的にビジネスが拡大しても安心

 

店舗数が増えたり高度な機能が必要になった場合でも、管理画面からプラン変更や店舗追加が簡単にできるので、それまでのデータは継続して使え、周辺機器を使っている場合も面倒な入れ替え作業などが不要です。

 
 
image06.jpg
 
 
 
 

アプリマーケットでスマレジを自由にカスタマイズ

 

スマレジ・アプリマーケットでは、スマレジの機能を拡張する便利なツールなどのアプリが公開されています。スマレジをお使いのユーザーは、アプリマーケットからアプリを購入し、業種・業態に合わせてスマレジを自由にカスタマイズすることができます。

 
8.jpg
 
 
 
 

導入について

 

スマレジは、レジとして使うiOS端末(iPad・iPhone・iPod touch)の
いずれかがあれば、簡単に導入することができます。
導入するには、まず【アカウント作成】が必要です。

下記ボタンからアカウントを取得して
無料で30日間すべての機能をお試しください

 
 
 

スマレジの各プランについてはこちらをご覧ください

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください